全国に様々な分野の専門学校を展開している学校法人三幸学園。今回はスイーツ&カフェ専門学校と辻学園調理・製菓専門学校、2校のトップページリニューアルを担当させていただきました。

学校法人三幸学園

医療事務、介護福祉、保育、スポーツ、美容など様々な分野の専門学校を全国展開している学校法人三幸学園。これまでにも医療秘書やビューティーアート専門学校のWebサイトリニューアルをお任せいただきましたが、この度はスイーツ&カフェ専門学校と辻学園調理・製菓専門学校のトップページリニューアルを担当させていただきました。

今回はトップページのみのリニューアルのため、下層ページとの違和感がないようにしつつも、オープンキャンパスや新しくなったコンテンツ等をどう訴求していくかが課題でした。また、前回のリニューアルから時間が経っていたためページ構成やデザインのブラッシュアップもポイントでした。

まずモバイルファーストでのデザイン展開とメインターゲットである高校生がスマホで閲覧した際に使いやすく、見やすいデザインであることを追求。これまでと同様にデザインプロセスにおいて、ビジュアルアイデンティティを定義する「ムードボード」を取り入れデザインテイストの統一を図り、広い余白、大きなビジュアル、フラットデザイン等の昨今のトレンドを意識したデザインをベースに、スイーツ&カフェ専門学校、辻学園調理・製菓専門学校それぞれの特徴をしっかりを表しました。
スイーツ&カフェ専門学校については、生徒のユニフォームに使われている装飾パターンを利用し学校に関わる方々に愛着を持っていただけるようなVIを組み込む等の工夫も施しました。

また「パンフレットを基にしたデザイン」というご要望があったため、ユーザーに対してパンフレットとWebが連動し、学校のブランドイメージがぶれないように見せることも重要ポイントでした。ただ、パンフレットはとてもシンプルにわかりやすく構成されていたため、そのまま単にWebに落とし込むのではなく、メディアの特性を意識したサイトデザインにする必要がありました。また、大阪の辻学園 調理・製菓専門学校のパンフレットのメインカラーであるオレンジ・濃茶色はモニターを介在すると色の主張が強すぎてしまい、そのままWebに展開するには厳しい部分もありました。

そのため、スマホで閲覧したときの使いやすさ、伝えたいことをが端的に伝わること、そして情報の邪魔をしないデザインであることを大前提に、フライパンのグラフィックを追加してWeb独自の表現も加味しつつも、全体の印象としてパンフレットや学校のイメージと大きな差異が出ないようなデザインへと刷新しました。

公開後はご担当者様から「すごく良い!」「イメージ通り!」「コンバージョン率があがった」とのお声をいただきました。今後も更なるパフォーマンスの向上のために貢献させていただきたく思っております。

デジパのウェブサイト制作についてもっと詳しく見る