本文へジャンプ

2004年11月の記事一覧

うどん好き

カテゴリ:人材  コメント 0 件    2004年11月30日

n-h.jpg

今日は、恒例の達成会。
来年の内定者、永瀬君も参加。
彼は内定者だが10月よりアルバイトで参加しており
既にSEMチームのツール開発をしている。
某大手IT企業の内定を蹴ってデジパに就職を決めたというチャレンジャーだ。
人生は一度、チャレンジが大切。
今のような、不確定な時代は「安定した選択」の方がかえってリスキーだ。

今年の新卒2名も入社して8ヶ月が過ぎたがりっぱに戦力となっている。
「人は育てるものではなく育つもの」が私の持論。
デジパの採用はスピリッツ採用です。
年齢ではなく志です。

というわけで、今日は美々卯 赤坂店で飲み会です。
メニューは「うどん好き」、美々卯と言えば関西の超老舗。
「うどん好き」文化を作った会社だ。
昔は、ほとんど接待でしか使われなかった。
でも、うちの社員は誰も「うどん好き」知らない。
「なぜ、うどんに鰻が入っているのですか……」
「えびが生きていますよ.…」
関西と関東でここまで食文化が違うとは、
思わず絶句。
今年の忘年会は京都の予定だが
彼らに果たして京料理がわかるだろうか……

フレンチキッチン

カテゴリ:人材  コメント 0 件    2004年11月28日

P506iC0003670304.jpg


高校時代の友人宅でホームパーティの予定が突然キャンセルになり、
外食をすることとなった。
今夜は、ワインパーティだったのでワインが飲める店に行くことになったのだが
最近、我が家ではそんな外食をしたことがない。
理由はとてつもない暴れん坊が昨年、我が家にやってきたからだ。
レストランに行くと周りの人に迷惑がかかる。
暴れん坊の監視が必死で食事どころではない。

そこで考えた挙句、六本木にあるグランドハイアットのフレンチキッチンに予約をいれた。

そこで、久しぶりにレストランジャンルで感動した。
まず、案内してくれた席が暴れん坊に配慮されたベンチシートのあるソファを準備してくれている。
食事が始まると私たち夫婦がゆっくり食事できるように子供の相手をしてくれている。
そしてデザートが始まると、六本木ヒルズの夜景が見えるけやき坂側の席に案内してくれる。
これを、一人の男性が他のテーブルを回りながら接客してくれている。

リゾートではアマングループが注目され、そのサービスに感動して作られた六本木のレストラン、カシータが一躍旋風を巻き起こしている。

フレンチキッチンは値段も、味も、内装も悪くはないが特別すごいわけではない。
接客をした彼のサービスがすごかった。

これは、教えられるものだろうか?
それとも、もともとこの素質を持っている人を採用しているのだろうか?

朝ごはん

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件    2004年11月26日

社員のG君と午前中、クライアントの会社に打ち合わせに行く。
専門学校を経営しているこのクライアントは就職率の高さがセールスポイントである。

就職する学生の20%は学校が何もしなくとも内定先を見つけてくる。
60%の学生が就職課がフォローすれば内定を取れる。
問題は残りの20%である。
就職活動をしようしない。
就職活動をしないので内定が取れるはずがない。
いわゆる無気力層である。

最近、無気力層が存在する。
この層はなぜか都会に多い。
M役員と話し合った結果、朝ごはんに行き着いた。
70年代の和食が世界で一番の健康食だった。
日本の、土地が豊かだったからである。
ところが、最近朝ごはんを食べない人が多い。
小学生ですら朝ごはんを食べていない子供がいる。
そこでG君に質問した。
「朝ごはん食べている?」
「カロリーメイトを食べています」
「...............M役員と二人、思わずうなった」

クライアントのコンサルティング会社でも、今の経営課題は20代の「うつ病」である。
日本人のストレス耐性が弱くなっている。
入社時の知性は高いが、ストレスで潰れていく。

企業が「朝ごはん」指導する日がやってくるかもしれない。

転職志向

カテゴリ:時流  コメント 0 件    2004年11月24日

ブラッシュアップジャパンの秋庭氏と打ち合わせ。
10年来の友人である秋庭氏は、
2001年に「第二新卒」に特化した人材紹介会社を立ち上げた。
今、業界15位にまで成長してきている。
来年2月には大阪支社を出すと勢いづいている。
第二新卒とは新卒から3年以内に転職する人を指す。
最近、新卒で就職して約32%の人が転職するという。
転職する20代の若者の就職志向に「社会貢献できる仕事」を選ぶ人が増えている。

10年前の転職理由は「仕事がきついのに給料が安い」だった。
この時代の志向は「残業が少なく給与の高い会社」だった。
その前はバブル世代なので「20代でベンツが買える会社」だった。
不動産会社が大人気だった。
今のテーマは「社会貢献」である。
人気のある資格は「ホームヘルパー2級」である。

つまり、時代の流れは「福祉」である。
なぜなら日本が高齢化社会に突入するからである。
ここに今の時流がある。

話題性はつくるもの

カテゴリ:経営  コメント 0 件    2004年11月22日

FPステーションよりビデオ出演の依頼があり、ありがたくお受けした。
「売れるホームページのつくり方」(仮称)というタイトルで2005年の2月に発売されることになった。
デジパには販売価格の10%が印税収入としてはいってくる。
創業期より雑誌に取り上げられたり、出版の依頼を頂いたり、プレスリリースに取り上げられたりしてきた。
これは、事業を推進するうえで大変有難かった。
どんな広告よりパブリシティというのは営業効果がある。
企業には話題性のある会社とそうでない会社がある。
話題性は偶然できることが多いが、私は必然的に作るものであると考えている。
例えば、売上4000万の1年目の時に幕張のビジネスショーに出展した。
そして、デジパのサービスを人の目に着くところにおいた。
翌週には3社の取材申し込みがあったのだが
これが、パブリシティのスタートだった。
経営には仕掛けと戦略が大切である。
「偶然」はなく全ては「必要必然」である。

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ