本文へジャンプ

感性論哲学

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2018年5月25日

kaku.jpg

感性論哲学の芳村思風先生の講話を聴いてきました
10年以上前、芳村思風先生の著書を読んでも何のことか全く理解できなかったのですが
今回は、心の琴線に触れました

人間が人間の「格」を持つ為に三つの条件がある
・謙虚さを持つ(人間は不完全である)
・成長意欲を持つ
・愛を持つ(思いやる、心づかい)
「思いやり」とは「思い」を行動することである
特に「愛」という言葉は、広く深くなかなか言語化できない
努力によってしか「愛」は示せないという言葉はすごく腑に落ちた
人格を磨くには、深さ、高さ、大きさを求める
そうすれば、人間は人物になる
そのために、肉体が痛み、苦しみを味合わないと本物にはなれない
娑婆世界こそ最高の道場である
座禅、瞑想は意識の世界、それだけでは、人格は上がらない

会社が理性のつながりならば、役職、仕事でつなぐことができた
過去の会社経営は理性でつなげていた
現代は、理性キラーの時代に入り、「理屈ではなく心がほしい」という人類根源の欲求が求められるようになった

縦型社会から横型社会
男尊女卑から男女平等
支配の経営から愛の経営(思いやりと心づかい)

「心のつながり」「仕事のつながり」「役職のつながり」
企業は3重構造になる

企業に人間的なぬくもりを、いかに持たせることができるかが、今後の企業の在り方である
社員の人間関係に心のつながり、心の通い合い、心の結びつきがあればいかなる理屈の対立も乗り越えることができる
理屈より心のつながりの方が強い

職場(家族)で7つの心が求められている
・認めてもらいたい
・わかってもらいたい
・ほめてもらいたい
・好きになってもらいたい
・信じてもらいたい
・許してもらいたい
・待ってもらいたい

問題は問題ではない、会社を進化させるためにある
問題は教えてくれている、ただ解決すればよい
気を病むから問題、「病気」になる

働く目的は人間が成長すること
職業とは人が幸せになり自分も幸せになる活動
金を目的に働くと悪がしこくなる、人間性が醜くなる
人に喜んでもらう仕事の仕方をする事が最初
人を幸せにしないと自分が幸せになる力が身につかない

人格主義経済
仕事をしないと人格が身につかない
肉体を動かさないと実力が身につかない
欧米人は「人格」を「personal」(個性)と認識し、人格的成長という概念がない
キリスト教文化では、人間は神によって与えられているので、既に完璧であり人間性を成長させようという考えがない
労働観が東洋と西洋では違う
東洋では、仕事は人格を磨くこと、西洋は金を稼ぐこと

「自由と平等」が近代社会の理念
それは、中世の身分制度からの開放から生まれている
「人類は平和実現」がこれからの理念

西洋文明は勝ち負けの対立をエネルギーとした「在り方」
民族戦勝や宗教戦争

考え方の違いが生まれる5要素
① 体験が違う(自分の肉体から学ぶ)
② 経験が違う(体験が学んだ意識的事実)
③ 知識情報の違い
④ 物事の解釈の違い
⑤ 人生の出会いの違い

対立した場合の対応方法は5つだった
① 説得
② 妥協
③ 媚
④ 逃げる
⑤ 戦争・喧嘩

感性論哲学では、対立は、自分が学び取らなければならない相手が現れたことを表す
統一(すべてを一つにする、個性を認めない)する時代から統合(相異なるモノを有機的に結びつける)の時代へ

人間の幅、豊かさとは、違った価値観を認める
愛は矛盾を生きる力
できることならみんなと仲良くしたという欲求を持っている
なぜなら、人間は母なる宇宙からつくられたから
人類は「千古の教場を去るべき時」を迎えている
小我から大我へ
「自分の仕事の意味や価値は何なのか?」を問うと、命が燃える欲求が出てくる
燃えるには感じなければならない
意味や価値を強く感じる
最高に意味を感じたら人は死ぬことができる

「命は感性で生きている」
感性が働かなくなると細胞がバラバラになる

現代は契約社会で権利をぶつけあっている
自己主張の強い者が勝つことが民主社会の実態
民主社会は攻め合う
労使の攻め合い
弁護士と検察
夫と妻
与党と野党
不完全な人間が攻め合う社会が民主社会
民主社会は個を破壊する
不完全を許し合う愛の社会が「護敬社会」

民族の誇りを欧米列強の植民地化政策により捨てさせられた
アジアは自国の伝統文化を取り戻す必要がある
中国は共産主義を捨て、本来持っていた、老荘思想、儒教に戻るとき、本当の意味の先進国になる

所感として、世界の中心は、アメリカから日本、そして中国、インドへと移り
インドに移った時に世界政府ができあがると思風先生が講話されたが、まさに、シルクロードのお礼参りのようだ
この辺りをもう少し、次回、お会いする機会がればお聞きしたいとおもう

量子飛躍

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2018年5月18日

熱量がある一定まで上がった時、原子の周りを軌道していた電子核が外側に飛び出して飛躍する
量子飛躍である
最近の経営学では、「フロー経営」「クォンタムリープ」と呼ばれる
これを、私は過去にスポーツでも体験している
スキープレーヤーだった時代、トレーニングを重ねて、何年も反復練習を重ねると、円運動の後半に突然スキーの板が前に走り出す 
通常、スキーヤーで熟練度が低いとスキーの板が円運動の後半に減速する
スキーの板の特性と体が起こす運動エネルギーが合致した時に、初めて起こる現象である
売り上げが100億を超すような経験をした経営者が、「ビジネスを高い熱量で継続していると、ある時、突然、比例型右肩上がりの売り上げが跳ね上がる瞬間が来る」という話を聞いたことがある
「フロー」が起きたのである
一流といわれる人は、この「場」のエネルギーが、「フロー」沸点に達するまで、トレーニング、実践を続けられる人なのである
液体が100度を超えると気体になるように、エネルギー量が沸点に達すると別の次元に進化することが、原理原則であるということが、経営及び日常生活においてもあてはまる

では、なぜ、沸点に達するまで、エネルギー量を上げられるのか、継続できるのか?
そこには、高い「志し」があるからである
自分が何者で、何のために生まれてきたのかという、生きているためのコアとなる意識があるからである
そのコアとなる意識ができると、それが身体の軸となり、足のつま先から頭頂骨まで太いエネルギーが通るスペースが生まれる
これは、本来誰もが、生まれながらにして持っているものである
しかし、多くの人が、この世に生を受けてから、親のダメだし、社会的な抑圧から、傷を受けている、俗にトラウマというものである
そのため、自分が何者であるのか、何の為に生きているのかを、無意識のうちにオブラートをかけてしまっている、そのため、あきらめ感から、「高い志し」を持てない癖付けが出来上がってしまった


「やり方」から「在り方」へ

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2018年5月15日

41X13RTCGRL._SX310_BO1,204,203,200_.jpg
ヴィクトール・フランクの「夜と霧」を読んだ
ナチスの強制収容所経験に基づいた実話である
無力感に溢れ、生きる意味を見失う環境においても人には、生きる3つの価値があると書かれている

最近、世の中は「やり方」に溢れている
社内でディスカッションしていても、ほぼ「やり方」について話す
本屋に行っても、「やり方」の本だらけである
そういう自分も、新しいビジネスモデルを探すことに多くの時間を費やしていることに気づく

でも、今、世の中に足りないのは「在り方」でなかろうか
1937年に発行された、吉野源三郎の著書「君たちはどう生きるのか?」が、40万部を突破したのも、「やりかた」ではなく「在り方」を、模索している傾向ではないかと感じる
ヴィクトール・フランクの言葉
「自分が人生に何を求めるかではなく、今生、自分は、人生に何を求められているのか」
ここを深めることが、人間力に繋がる気がする

生きる3つの価値とは
① 創造的価値
どんな仕事にも創造的な価値がある、そこに価値を見出せる人、見出せない人がいるだけである

② 体験的価値
自分が体験から得たものは固有の無形財産であり、誰も奪うことはできない

③ 態度的価値
人はどんな時でも自分で態度を選択する自由がある
例え、死ぬ間際だとしても人生の価値を変えることができる

この著書を読んで「在り方」の追求が、人間力の向上であると信じてやまない

エジプト神殿巡りの旅

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2017年3月22日

エジプト神殿巡りの旅に行ってきました
エジプトは、ずっと憧れの地でした
小学校の社会科の授業で見た、エジプトのピラミッド、チリのモアイ像、ペルーのマチュピチュ等に、なぜか、ものすごく魅かれました
直観的に宇宙との繋がりを感じたのです

その頃から、見えない世界、超能力、宇宙人に興味を持ち始めました

今回、念願叶いエジプトへの旅が実現したわけですが、この旅の実現に大きく関与したのが、シャーマンの末裔であるサラハアミンのガイドでした
当時のファラオが、即位するために必要な儀式と同じコースを10日間かけて巡るというイニシエーションにも近い旅が実現したのです

IMG_0584.jpg

神殿巡りの1日目はルクソール神殿
印象的だったのは、キリストの「最後の晩餐」の絵が壁画に書かれていたこと
5千年以上前に、一枚岩を彫って建てた技術、とても人の力とは思えませんでした

IMG_0663.JPG

IMG_0639.JPG

神殿巡りの2日目は、デンデラ神殿
ここでは、かつて経験したことがない磁場のエネルギーを感じました
重力感が違うのです
宇宙神ハトホルのエネルギーは、別次元にいるような感覚です
フリーエネルギーが描写されたレリーフがあったり、エジプト文明の前に高度文明があった軌跡がのこされていました
個人的には、この神殿のエネルギーが一番好きでした

IMG_0711.JPG

IMG_0726.JPG

神殿巡りの3日目は、エドフ神殿
入った瞬間に、耳鳴りと軽い頭痛がしました
神殿ごとにエネルギーが全く違います
世界最古のフラワーオブライフも発見

IMG_0743.JPG

エジプト神殿巡り4日目は、イシス神殿
イシスは、蘇生と復活の魔術の女神
世界で初めてオシリスをミイラにして復活させました
イシス神殿は、入った瞬間からなぜか涙が止まりませんでした

IMG_0947.JPG

IMG_0941.JPG

エジプト神殿巡り5日目は、アブ・シンベル神殿
ラムセス二世は、自らの即位日の2/22を太陽祭として年に2回、この日は朝日が神殿の内部を照らすように設計しました
世界中から人が集まっていて、初詣みたいでした

IMG_0995.JPG

エジプト神殿巡り6日目は、ハトシェプスト女王葬祭殿
ルクソール西岸にありエジプトで最初の女王が造った神殿です
山を切り開いてつくられた祭殿は、太陽神ラーのエネルギーを受けていると言われています
日の出前に参拝したのですが、松果体の第六チャクラがものすごく活性化されました

IMG_1020.JPG

エジプト神殿巡り7日目は、カルナック神殿
建設に2000年以上を要した、世界最大の神殿
最高神アメンラーが祀られている
カルナック神殿の西門から、昨日訪れたハトシェプスト女王葬祭殿の参道まで一直線で太陽光が届くように作られている
創造神である、アメンラーのエネルギーはパワフルでした

IMG_1066.JPG

エジプト神殿巡り8日目は、クライマックスのクタ王のピラミッド
早朝より、ファラオの間に入り、約一時間の瞑想を行いました
そこでは、かつて経験したことのない大きなエネルギーを感じました
やはり、ピラミッドは、単なる墓ではなくエネルギーの増幅器として設計されたという確信を持ちました
瞑想中、何度もハトフル神のエネルギーを感じ、私の守護神かもしれないと思いました


エジプト神殿巡り9日目は、サッカラのセラビウム
ここは、サハラ砂漠の中にあり、地下に5Mを超す棺が30体以上が祀られている
他の神殿とは、違う、また、不思議なエネルギーでした

なぜ、5Mもの巨大な棺をつくる必要があったのか?
入口の形状を考えると、どのようにしてこの棺を入れたのか?
なぜ、この場所を撮影禁止しにしているのか?(クタ王のピラミッドの中も撮影禁止でした、それ以外の神殿は、ほぼ撮影OK)

サハラ砂漠の地下にあり
不思議なことだらけでした

日本に帰国後は、エネルギーをダウンロードし過ぎたのか、会社から帰った後は、ずっと寝ています
エネルギーが発酵している感じです
これから、どのように変化するのか楽しみです

「気」のあるものを食べる

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2017年2月 8日

??.jpg

醤油を作り始めて6年目になりました
ちょうど、寒冷のこの季節に、約10か月発酵させた醤油を絞ります
今、大半のメーカーの醤油は、1~3か月と短期間で製造するため、本来の発酵食品として効能が少なくなってきています
日本は、元来、発酵食品の国です
納豆、漬物、みそ、日本酒、醤油など
自然酒で有名な寺田本家23代目当主で「発酵道」の著者でもある寺田啓佐氏は、微生物の体に与える重要性を説かれ日本人の長寿のポイントであると語られた
約10か月発酵させた醤油を一升瓶に詰めておくと、数週間で栓が発酵のエネルギーで飛びます
生きた微生物が、そこにいることをまざまざと感じさせられます
しかし、残念ながら市販の醤油では、ほぼこのような現象は起きません
1970年代の私が幼少期の醤油は、冷蔵庫に入れずに空気に長時間触れていると、白い産膜酵母が発生しました
それは、醤油が生きている証拠なのです

最近、うつ病が増えたり、男子の精子の数が減ったりという現象が起き、「現代病」と言われていますが、生きたものを食べる機会が減ったことが一つの原因だと私は考えています
体の「気」を高める方法を研究し続けていますが、一つは「気」のある生きた食べ物を食べることです
寺田啓佐氏が生前、「発酵とは変化することで、発酵が止まると腐敗が始まる」とおっしゃられていました
体は食べ物で出来ているので、何を食べるかで人生は変わります

*ココロザスでは企業内起業家を募集しています

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ