本文へジャンプ

2004年12月の記事一覧

仕事納め

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件    2004年12月28日

今日は、仕事納めで午後から大掃除に入った。
でてくるでてくるゴミの山。
3年前に買った、PC関連のものが全て粗大ゴミ。
本当に、時代の流れの速さを感じます。
経営者感覚で考えると、これらのモノは2年償却です。
5年でリースを組むと大きく遅れをとります。
粗大ゴミの山を見て実感しました。
でも、それはハードだけではありません。
3年前に作った、販促物。
自分の作った企画書。
全て粗大ゴミです。
レベルが低かったです。
恥ずかしくて、最近入社してきた社員には見せられませんでした。
でも、それが成長なのです。
デジパの1年を4Qに区切っているのは、3ヶ月に一度自分の立っている場所を確認するためなのです。

今年も、紆余曲折はありましたが概ね昨年の年末に立てた目標は達成しました。

来年も、新しいメンバーが入ってきてデジパは変化していきます。
会社は生き物なので、同じ場所にいるということはありません。
2月に入社予定のM君が午前中遊びに来て、
「ここには普通の会社にはない何かがある」
と言って帰りました。

本当は、一日一日に変化があり一瞬一瞬に気づきがあります。
でも、通常なかなか感じれないものです。
年末は、それを感じるいいチャンスです。

今から、来年のことを考えるとワクワクします。
社員の皆さん本当にお疲れ様でいた。
今年、一年感謝です。

クリスマス

カテゴリ:社長  コメント 0 件    2004年12月24日

P506iC0005505327.jpg


クリスマスの夜だというのに、いつものごとく悪友2人とワインを飲んでいる。
10年を超える付き合いなので、新鮮な話題はほとんどない。

しかし、最近2人は隠し事が多い。

Y氏は、最近汐留めの高層マンションに引越。
更に、トータルワークアウトに通いだしベンチプレスを始めるなどと不可思議な行動をしている。
A氏は、バーニーズニューヨークで服を買い始め来月号のメンズ雑誌GAINERに登場するらしい。
私の知る限り、ファッションに無頓着な男だったのにいったい何が起きているのだろう.................

神楽坂のBARを出た後、Y氏と次の店に行くことになり2人で青山に移動。
青山のタストヴァンに行くが、周りは全てカップル。
Y氏がおしゃれな店に連れて行けと言い出したので青山に行ったのだが、クリスマスということを忘れていた。
「やってしまった」
と思ったが後のまつり。
場違いな雰囲気の中で二人、カウンターでシャンパンを飲み始める。

でも、この光景はどこかで経験したことがある。
「これはデジャブーだ」

24歳の時に、Y氏と大阪で出会ったころはまさか青山でクリスマスに2人でシャンパンを飲んでいるなんて思いもよらなかった。

本当に、これほど性格が違う二人が。

いやー神様はいたずら好きである。

ボーナス

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件    2004年12月22日

今日は、全員にボーナスのフィードバックを行った。
デジパの上半期目標が達成されているので、予定通りの原資配分である。
給与を出すのは社長の責任だが、ボーナスは自らが稼ぎ出すものという持論が私にはある。
そして、ボーナス支給とは会社の半年間の指標を測るイベントである。
金額の多さに驚く人、会社の方向性について質問する人、来年の新しいサービスを提案する人、自分の持っている疑問をぶつける人、さまざまであったが結果的にデジパにとって成長を感じた半年であった。
創業期は、社長である私がトップセールスマンで全ての案件に係わっていたが最近は3分の1までに減っている。
それは、社員が成長したからである。
いろいろなタイプの社長がいるが、私は社員の成長をサポートすることを得意とする社長なのであろう。
なぜなら、そこに自分の喜びがあるからである。

IT業界の時価総額経営

カテゴリ:経営  コメント 0 件    2004年12月21日

お昼に某ベンチャーキャピタルから、コンテンツ系の会社を買わないかという電話を頂いた。
最近、このような話が多い。
デジパにとってM&Aとはお見合いのようなものである。
弊社規模の会社だと一番重要視するのは、相性である。
なかなかシナジーを出せそうな案件はないものである。
必要なときに必要な人があらわれる、という運命論を私は持っている。
しかし最近のIT業界は、再び時価総額経営のピークを迎えているような気がする。
時価総額経営は、ババつかみである。
必ず、誰かが損をするようにできている。
私は、理念経営を貫きたいと思う。
それは、株主、顧客より社員の夢を実現させていく経営である。

デジパのスキルアップ

カテゴリ:経営  コメント 0 件    2004年12月18日

face.jpg

大阪の日本リバランシング協会、小原氏を訪問。
05年、デジパの社内研修打ち合わせ。
小原氏は、私の尊敬する師匠の一人。
カウンセリング、セラピー、グループワークに関しては日本有数の人材だ。
私が、20歳のころに「若者に必要なのは、恋すること、旅すること、冒険すること」
という名言をいただいた。
いまだに、その言葉が私の人生のベースとなっている。
さて、デジパは05年も拡大路線を進むのでいろいろな組織弊害が生まれる。
予想される弊害
・部署間のコミュニケーション欠乏
・実力主義による下克上に対する不満
等が、予想される。

この課題解決のために、年3回の泊り込み研修を自然のなかで行う予定である。
目的は
・一体化の感覚を共有すること
・各自が持っているゴミだしをすること
・スキルアップ
以上の3点である。

弊社クラスの組織力とは、一人一人が自分のテリトリーの少し横の仕事がどこまでできるかである。
ついつい縄張りを作りがちになる。
私がコンサルティングしてきた、90%の企業がそうであった。
これを超えることが、デジパの05年課題である。

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ