本文へジャンプ

2005年5月の記事一覧

バイオシンセシスin清里

カテゴリ:バイオシンセス  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年5月31日

055.jpg


27日から清里で始まった、バイオシンセシスのトレーニングが終了。
今回のトレーナーはイタリアからやってきたモーリッツィオ・ストピージャ。

5日間で一番学んだことは「リソ-ス」(人が持っているパワーの源であり、隠れた可能性)の使い方という概念。
交感神経と副交感神経にそれぞれ、チャージとディスチャージがありそのバランスの取り方を実体験で感じました。
大学の専攻が心理学だったので学術書は何冊か読んでいますが、体感して初めて身につき始めるということはボディサイコセラピーのワークを通して知りました。
自分の殻を一枚破れそうな気がしています。

モーリッツィオになぜイタリア人にはプレイボーイが多いのかと食事の時間に聞くと、「トラディショナル」と一言で片付けられてしまいました。
イタリア人は彼女とデートしながら他の女性を見ることに抵抗がないそうです。

彼のトレーニングは初めてでしたが、時間に関するフレキシブル感と明るさが非常によいグループワークを生み出しました。
大満足でした。
東京での公開ワークショップが6/4,6/5に日本で初めて開催されます。

* バイオシンセシスは生命を統合させる目的で、ヨーロッパ・ボディサイコセラピー協会初代会長であるデイビッド・ボアデラによりつくられたボディサイコセラピーです。
それは精神医学と心理学のなかに「からだ」という考えを導入したウィルヘルム・ライヒによるヴェジェトセラピーと胎生学のアプローチに基づいています。


*モーリッツィオ・ストピージャ(Maurizio Stupiggia)
哲学者、心理学者、45歳。イタリア・ボローニャ大学心理学教授。家族や職場の心理的な問題をグループの中で解決する「バイオシステミック」の学校の創設者。バイオシステミック・インストラクター。
バイオシンセシス客員トレーナー。イタリア・ボディーサイコセラピー協会の評議メンバー。「バイオシステミック・セラピー」の共著であり、多くの本を書いている。


清里の花

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年5月29日

009.jpg

010.jpg

023.jpg


27日の金曜日より、バイオシンセシスのトレーングのために清里にきています。
花が一番きれいな季節で、自然の恵みを実感できます。
朝、散歩するだけでエネルギーがチャージされていくのを感じます。


働き方

カテゴリ:時流  コメント 1 件  トラックバック 1 件  2005年5月24日

今週の日経ビジネスの表紙タイトルになった「ホリエモンと愉快な仲間たち」の特集はおもしろかった。
これからの企業はワークスタイルが多様化する、という持論が私にはある。
今までの日本の雇用体系は経営者か社員か、新卒か中途かというような杓子定規的な不自由さがあった。
社長という職業も一度やると個人保証やらいろいろなしがらみがあり、辞めたくとも辞められない。
社長とは結構不自由な職業である。
特集に取りあげられていた、
オンザエッジのIPOにより、ハッピーリタイヤした人。
堀江さんに会社を買ってもらって次の人生を歩みだした人。
過去の日本にはなかった成功のスタイルが生まれだしたことは確かだ。

最近、デジパにもベンチャーキャピタルから 「会社の売却を考えていませんか」「第三者割当を引き受けさて下さい」という電話が毎日のようにかかってくる。

私は、会社を売ろうと思ったことは一度もない。
でも、会社を売る社長の気持ちはわかる。
そこには価値観の違いがある。

私の価値観は「志」である。


無駄な投資を増やす意味

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年5月23日

第15回キリログポッドキャストラジオトータルヘルスデザインの岩月氏との対談でお送りします。テーマは「オンラインショップ成功の秘訣」 (再生時間 : 約9分 / 2.0MB)

岩月氏はインターネットを主体に運営を行う化粧品雑貨品などの販売会社、トータルヘルスデザインのインターネット部門責任者。
年間200%ペースでネットショップの売り上げを伸ばし、現在ネットからの売り上げは約8億円を超え、2002年・2004年の楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー、ジャンル部門賞を受賞する。

対談で、岩月氏が語っていたが
「提案された広告は一度は全て契約する。理由は、効果検証が終わった後ではネットプロモーションの世界では遅い。」
という、事実私が3年前に初めてお会いしてSEOを提案した時も彼は5分で決断をした。
結果的に、半年でその当時の月間売り上げが1.5倍にあがった。

アドワーズ、オーバーチュア広告が日本に上陸した2003年はクリック単価が8円スタートだった。
当時、この提案を受け入れたクライアントは大きな効果を生み出した。
今は、入札が過熱化しコストパフォーマンスを上げるのに一苦労する。

ネットプロモーションの世界では効果検証が終わった後では遅いので必然的に無駄な投資を増やすことになる。
それが、儲けるコツかもしれない。

第15回キリログポッドキャストラジオはこちらから

「News2u.net」と提携

カテゴリ:  コメント 3 件  トラックバック 0 件  2005年5月21日

会社の知名度を上げたい、自社のサービスや商品をもっと多くの人に知ってもらいたい。
デジパではニュースリリースの重要性を今までも伝えてきました。

この度、リリースポータル「News2u.net」との提携により、大手ニュースサイトへのニュースリリースの掲載を可能にしました。
詳しくはこちらから

News2u.netは「Fair & Reliability」のポリシーのもと、信頼できる企業の最新ニュースリリースを公平かつダイレクトにステークホルダーへお届けする国内初のリリースポータルサイト。「livedoor ニュース」、「エキサイト」「CNET Japan」を始めとした大手ニュースサイトへのニュースリリース掲載を可能にする国内唯一のサービスです。

また、7月にはNews2u.netとデジパで「インターネットプロモーション」をテーマにジョイントセミナーを開催する予定です。
詳細が決まりましたら、オフィシャルサイトにて告知します。

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ