本文へジャンプ

2005年4月の記事一覧

歓迎会

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年4月28日

歓迎会 138.jpg

夜は新人歓迎会。
最近、本当に社内イベントが多くなってきた。

宿泊研修を入れると今年は年間5回、旅行に行くことになる。
社員の家族からは「不思議な会社」と言われている。

今月は、新卒と中途を合わせて5人が入社してきた。
新しい人が入ってくると会社が活性化する。
理由は、既存社員の与えられるステージが「やらねばならない仕事」から「やりたい仕事」へシフトしていくからだ。

仕事には、「やらねばならない仕事」「できる仕事」「やりたい仕事」がある。
新入社員のころ、「できる仕事」がないので「やらねばならない仕事」だらけになる。
この時期、仕事があまりおもしろくはない。
どちらかというと受動的な仕事が多い。
ところが、スキルがあがってくると「やらねばならない仕事」が「できる仕事」に変化し始める。
次のステージに行くと「できる仕事」の領域が増え「やりたい仕事」ができ始める。
そして最後は「やりたい仕事」が全ての仕事領域となる。
これが、成長の過程だ。


新卒内定第1号

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年4月25日

デジパの会社説明会に参加した約700名の学生の中から、2006年入社の新卒内定第1号が誕生した。
彼は、有名企業の内定を受けながら最後にデジパを選んだ。
最終面接で彼が「私が最終面接まで残ったポイントはどこですか?」
と質問した。
私は、彼と初めて出会った時に採用を決めていた。
でも、彼ほどの逸材がデジパを選ぶという点に関しては疑問であった。
なぜなら、彼ほどの人材ならほとんどの企業に就職できるからだ。
最近、デジパの採用レベルが一気に上がっている。
2006年度入社の、新卒採用は大成功しそうな予感がする。
そして、彼らがデジパを進化させる。

会社は生き物

カテゴリ:デジパ  コメント 1 件  トラックバック 2 件  2005年4月23日

今週の月曜日に社員旅行を終えて出社すると何か違和感があった。
会社の何かが変ったような気がする。
次の日、中途採用の新入社員が入ってきた。
その時、違和感の意味を理解した。
デジパのアーリーステージが終わったのだ。

4月に2期目の新卒が入社し、会社の半数以上が入社1年未満になった。

設立して3年3ヶ月が過ぎたのだが、創業期というステージが終わるのに約1年半かかった。
この時期は、ビジネスモデルはあるが実行できる人材がいない。
そして、「採用」という名の投資を実行する。
しかし、求める人材はほとんど採用できない。
知名度ナシ、実績ナシ、事務所はワンルームマンションに限りなく近い。
あるのは、経営者のスピリッツとビジョンだけである。
この時期は、本当に人が辞めた。
はやい人は3日で辞める。
採用基準を落として入社してくるからついてこれない。
創業社長にとってこの時期は「おしん」のように耐える時期である。

創業期(アメリカではシードと言うようだが)を超えると、ビジョンを理解して入社してきた新卒や中途採用の中から「核」が生まれてくる。
すると、会社から少しだが「いけてるオーラ」が出始める。
そして、採用の応募者のレベルが上がる。
周りからいい会社ですねと言われる。
スパイラルに会社が昇っていくのを感じる。
これがデジパのアーリーステージであった。

そして次のステージは社員数が一気に増えるので
「ビジネスモデルの変革」と「DNAの伝達」が成功しないと会社のパワーが落ち始める。
DNAの伝達ができずに落ちていった会社を嫌というほど見てきた。
会社は生き物で巨大になればなるほど潰れる確率は高くなる。
社員数の多い会社が必ずしも強いとは限らない。
基本的にインターネット業界は頭数勝負ではないので、異業種出身3人組で大手以上のサービスクォリティを出しているコンサルティング会社も存在する。

では、なぜデジパはリスクを犯して次のステージに向かうのか?

「インターネットプロモーションのスペシャリスト集団」
「ネット業界のインキュベーター」
「ネット業界における起業家の輩出企業」

になるという創業期に掲げたミッションがあるからである。

採用のプロが教える 伸ばす社長つぶす社長

カテゴリ:社長  コメント 0 件  トラックバック 1 件  2005年4月22日

image_01.gif


第11回キリログポッドキャストラジオは私の20代からの友人であるワイキューブ社長 安田佳生氏との対談でお送りします。テーマは会社を伸ばす社長とは。(再生時間 : 約12分 / 2.8MB)

ワイキューブはH15年度の新卒者の人気企業ランキングがベスト32位となり、安田氏の「採用の超プロが教えるできる人できない人」は18万部を超えるベストセラーとなっています。

今回は、「元、営業マン社長の弱点」「売り上げは買うもの」について本気で取材するはずだったのですがいつもの世間話になってしまいました。

第11回キリログポッドキャストラジオ放送中。

新卒ポータルサイトに掲載している最も小さい企業

カテゴリ:社長  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年4月18日

第10回キリログポッドキャストラジオL.P.Dの社長 大久保隆一郎氏との対談でお送りします。(再生時間 : 約12分 / 2.8MB)

L..P.Dはアパレルメーカー各社のブランドに靴をOEM供給しているメーカー。
「カンボジアの子供たちに学校を贈ろう!プロジェクト」
などユニークな活動を通して社会貢献を実践する。
大久保氏とは2年前に「新卒ポータルサイトに掲載している最も小さい企業」
という話で盛り上がったのが良い思い出だ。
ちなみに当時、デジパが5人、L..P.Dが7人という社員数だった。

第10回キリログポッドキャストラジオ放送中。

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ