本文へジャンプ

「経営」カテゴリの記事一覧

企業リメイクな時代

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2014年2月28日

採用市場が劇的に変化してきているのを、最近ヒシヒシと感じる
2014年の新卒採用計画は、前年度14%アップで特に大手非製造業の採用意欲は高い
生産年齢人口の減少化が始まっているので、中小企業の若手採用は死活問題である
先週、人材採用コンサルタント事業を営む友人と食事をしていた時もこの問題を話したのだが、一昔前とは違い中小企業の採用広告、採用コンセプトをいじくった位では歯が立たないと嘆いていた

もう、会社の構造を変えなければ若手採用ができない時代なのである
仕出し弁当事業を営む友人は、人材を採用する為に託児所を社内に設けた
それにより、働く意欲の高いお母さんアルバイトの応募が一気に増えたという
保育所不足による待機児童の問題があり、働きたくとも働けない女性が多いのである
本来は国の課題なのだが、それを企業で担うことにより会社のバリューアップを図ったのである
私も20代は採用コンサルタントをしており多くのクライアントに「企業リメイク」を提案したのだが、なかなかそこまで踏み切れる経営者は稀であった
しかし不思議なもので、儲けている経営者ほど積極に企業リメイクに当時も取り組んでいた

今、採用媒体企業は好業績に沸いているのだが、採用できない企業は、いくら広告出稿をしても人が集まらないという現象が起きている
一方、小さくとも企業バリューの高い企業はtwitter等で、つぶやくだけで人が集まるのである

弊社も年明けから、「2年で独立するフロントエンジニア(コーダー)」の採用を開始しているのだが、ソーシャルリクルーティング「wantedly」の効果が高い
掲載料金は無料である

人気のない企業は事業継続ができなくなる
今は、そんな時代である

チャレンジした人の打率

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2013年4月22日

シルバーマーケット事業をされている先輩経営者の加藤さんからこういうことを教えてもらいました「何かをするときに、成功する人の確率は4%,失敗する人は16%,また、チャレンジした方が良いと思っている人で実際にチャレンジしない人は56%.全くチャレンジしないほうが良いと思っている人は24% その数字の意味は80%の人は行動しない、チャレンジしない人なのです。勉強しても、研修に言っても、それだけで行動しない人が80%いるのです。そう考えると、やっぱり行動することの大切さが際立ってきます。」

ということは、チャレンジした人の打率は、5打数1安打

ただし、打率は起業家の熟練度により変わってきます
私自身が26歳で初めて起業をした時は右も左もわからなかったので経営は常に綱渡り状態でしたが、36歳で3度目の起業をデジパで果たしたときは、3年で売上げ1億、社員数10名位のサイズまでは容易に想像できていました
つまり過去の経験があるので見えるのですがそれは失敗の蓄積による経験則なのです
また、打率は事業マーケットによっても変わってきます
既に目指すべきケーススタディ企業がありモデリングができる場合と、マーケットが顕在化されておらずケーススタディ企業がない場合はあきらかに違います
例えば、2000年に外食事業を立ち上げるのか、ウェブサービスを立ち上げるのかでは打率も得点も変わってきます

実は私自身が4度目の起業を今、計画中なのです
事業内容は、起業家育成です
農業の6次産業化、シェアリング、田舎暮らし、メンタルケアー、アクティブシニア等、地方活性化をメインにしたニューマーケットで日本に新たなる価値を創り出す起業家を育成する事業です
メディアだけを見ると、日本の将来悲観論が多いですが、深掘りできる国内マーケットは日本に存在しており、そこが動き出す兆しが生まれ始めています
そこを顕在化させてマーケットを創り出せば、日本は世界トップクラスの内需を持つ国なので根底から日本が活性化すると考えています
そしてそのマーケットが出来始めると、日本人の幸せ度が上がります

サービス内容は、起業家育成のスクール事業、成功報酬制のメンター出向、投資家と起業家とのマッチングサービスの3事業で5月13日サービスイン予定です

社名は「ココロザス」
日本に新たなる価値を創り出す起業家の「ココロザシ」と彼らを応援する「ココロザシ」を集めていきます

過去の起業もそうなのですが、今度もニューマーケットです
どうやらニューマーケットに自分の起業家としての根底があるようです

赤峰勝人氏の百姓塾実践編

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年3月 4日


大分の臼杵市にて行われた、赤峰勝人氏の百姓塾実践編に参加した
農場では、夏野菜の苗つくり、堆肥つくりを教わり、夜は通常座学なのだが冒頭で「そろそろ、日本社会の仕組みの成り立ちを話してもいいかいの」といつもの大分弁で「潜象物理」について語り始めた

「潜象物理」を伝えたのは、古代日本に存在したカタカムナ文明で人が持つ能力の90%がアワ(潜在意識)で10%がサヌキ(顕在意識)で、アワの部分を使わないと人は幸せにはなれないと解いた
アワの能力は目に見えないものだが、名を持たない先住民部族はみんなこの能力を使っていた
とことろが、世界を支配するエネルギーは名を持たない部族であるネイティブインディアン、アボリジニ、アイヌ等を抹殺し、その文化を潰した
そして、名前、戸籍、所有の制度を作り上げ、人と人とを戦わせる仕組みを作りあげた
怒りは我からきている
我は名からきている

飲んだ席では、農以外にもこのような話をされるのだが公の講義でここまで赤峰さんが話されるのを初めて聞いた
本当の事を話しても理解できる時期に入ったので今回は話したとおっしゃられたが、3年前だと私も「我は名からきている」と言われても理解できなかった
でも、今はなんとなくわかる
もちろん頭のレベルで腑には落ちていない

名前があるから、戸籍制度が出来て、所有ができる
例えば土地など誰のものでもないのだから

天外伺朗さんが著書「GDPからGNHへ」の中で、日本の農業を変える人として、木村秋則、赤峰勝人、川口由一の3方を選んでおられたが
最近の木村さんの著書を読んでも、目には見えない不思議な話が出てくる
赤峰さんも言っているが、百姓をしていると理論で解明できないことだらけで不思議な体験を多くするという
植物が光と水を使ってデンプンを作り出す原子転換にしても説明できる学者は存在しない
鳥インフルエンザは、原子転換による自然発生であると赤峰説を唱えるが、極めた人は凡人が見えないものが見えるのであろう

赤峰さんは、百姓としてより病気治しの達人としての方がファンが多いのかもしれない
延べ1万人を超えるアトピー患者を診ていたり、不妊治療に門を叩く人もいたりする
現在、子供の6人に1人が何らかのアレルギーを持つと言われるが、その原因の多くが食であると言う
化学物質を含む食品は、体に蓄積されそれが病に繋がる
遺伝子組み換え作物は種が芽を出さないので食べ物としての命をもたない

自然の食物には気がある
食を変えれば気が変わる

私も赤峰さんと3年前に出会ってから、食事を玄米と自然食を中心に変えたが「怒り」の感情が随分減ったのを感じる

潜在意識と顕在意識の話は、沢山書物が出ていて多くの事例もあり実践する人も増えてきたし、所有からシェアリングは時代のテーマになっている

時代の変わり目だが、おもしろくなりそうです

ぐっとくる?

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2011年2月11日

51PMU2yslbL__SL500_AA300_.jpg

長年の友人であるワイキューブの安田氏の新著「ぐっとくる?」を読んだ

確かに今は、経営者泣かせの時代である
私もそうであるが、「欲しいものがない」
自慢ではないが今年に入ってコンビニエンスストア以外の店で買い物をした記憶がない
ネットで、本と食料品、酒を買ったくらいである

欲しいものがないのである

一方、日本商品を求めて中国人が家電製品、化粧品、薬、そして食料品を買っていく
粉ミルクにいたっては本国の十倍するそうなのだが、品質が良くて安心して使えるからいいのだと

商品やサービスが飽和状態にある日本は、まさに世界における消費の最先端なのだ

著書で伊豆の修善寺にある花月園という旅館が出てくる
ここは、特別なお湯が出るとか、特別な料理であるとか、そういう旅館っぽい理由とはまったく異なる理由で、たびたびテレビに登場する
ある取り組みで、どっと顧客が増え黒字経営になったというのであるが、その取り組みとは鉄道模型のジオラマである
宴会場の中にジオラマをつくり、鉄道模型を走らせて楽しむことができるというのだ、その多くは鉄道マニアのリピーターで応援サイトまであるそうだ

顧客を増やしたいのなら絶対にターゲットを広げてはいけないと著者は語る
ここで鉄道模型で儲かったから、飛行機バージョン、ミニカーバージョンを作ると失敗するという
なぜなら、花月園のオーナーが鉄道模型が好きなのでこの商売が成り立っているからである

これは、私にとっては耳の痛い話である
私が経営するデジパは、たまたま創業1年目から利益を出し、アクセス解析ソフト、広告の効果測定ソフト、ネット広告の代理業、サイトの運用代行等の付帯サービスと子会社と事業を作り続けた
そして、リーマンショックの前後に大半の事業を売却あるいはクローズした
お陰様で、再び黒字経営に転換したがそこまでに2年を要した
私と同じような経験をした経営者が多いのではなかろうか

そんな中で元気な中小企業もある
1月に私が訪問した、千葉県神崎の造り酒屋「寺田本家」もそんな会社の一つだ
「百薬の長」となる酒を目指し、醸造アルコールを使わず昔ながらの「山廃仕込み」という自然発酵の道を模索し玄米酒「むすひ」を完成させる
それは、糖尿病を患う人が飲んだら血糖値が下がったり、便通がスムーズになったり、
不眠症の人がよく眠れるようになるという熱狂的なファンが生まれる酒で私も大ファンである
だが万人に好まれる日本酒ではなく、かなりマニアックだ
発酵して発砲するため「これは日本酒ではない」というクレームも度々あるそうだ

花月園、寺田本家のような経営が、消費の最先端である日本で生き残る秘訣ではないかと私は思う

寺田本家の酒蔵を見学させてもらったが、働く人の顔がいい
そして、いきいきしている「百薬の長」となる酒をつくっているという自負と職場に楽しさがあると蔵人の方は語られていた

そんな会社や組織が、地方で増えている
安田氏はそれを「ぐっとくる経営」と呼び、価格の安さや商品の性能そのものではなく、その会社が持つ考え方やこだわりに魅力を感じて人が集まってくる会社を「ぐっとくる会社」と呼んでいる

資本力のある会社は効率性と合理性を求めて合併やM&Aで生き残り、そうでない会社や組織は、大量生産化できないそこでしか作りえない価値をつくったものが消費の最先端である日本で受け入れられるのであろう
言い換えれば、それは「御用達」である


発酵経営

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2011年1月16日

IMG_0468.jpg

今日は、千葉県神崎町で3百年続く酒蔵の寺田本家の23代当主である寺田啓佐氏を訪ねた
寺田さんは、私が今一番会いたいと思う経営者で今朝は道中久しぶりに胸のときめきを覚えた

昨年初めて、寺田本家が作る「むすひ」を飲み、私の日本酒の概念が壊れた
美味いという感覚と同時に優しさのようなもの、そして不思議な感覚が伝わった
そこから、あたかも自分で引き寄せたかのように寺田さんの著書「発酵道」を友人から借り、生き方、経営道に感動した
著書には、これからの日本人の生き方、これからの会社経営のヒントが詰まっており、ぜひお会いしたいと思った

今日は、それが縁あり実現したわけである

寺田本家は代々婿が生まれず、婿養子を迎え会社を継続してきた
啓佐氏も同じように迎えられ23代当主となるのだが、婿入りした前年の1973年に日本酒の国内消費量は下降線をたどり同時に会社売上げは右肩下がりに落ち始める
そこに近代経営を持ち込んだり、そばや、居酒屋と異業種をやるが全てうまくいかない
酒蔵の番頭は辞め、社員は一人辞め、二人辞め、酒蔵に婿入りして10年目、ストレスから自分自身の腸が腐り入院、腐った部分をそっくり取り除く壮絶な手術を体験する
そして、病床で
「人間として生きるとは?」
「いかに自然との関わりを方を見直すか」
そして
「発酵すると腐らない」
「なすだってきゅうりだって、そのまま放置していれば腐敗するが、ぬかみその中に入れて発酵すれば腐らないそして発酵すれば漬物という別のものに変化する」
そんな自問自答から、35歳の時に「自然の原点に戻って酒造りをしたい」無農薬、無添加で「百薬の長」となる本物の日本酒を目指した

戦後の日本酒業界は、大量に酒を造るために、醸造アルコール、醸造用糖類、グルタミン酸ソーダを添加する
これにより元の3倍量の酒ができる、このやり方を覚えると人件費も削減できるし、量産も苦労しない、酒造メーカーにとってはまさに「おいしい酒」なのだ
実は、日本酒は二日酔いしやすいといわれたのは事実ではなく、添加物による悪酔いだったのだ

「百薬の長」となる本物の日本酒を造るために、農薬米から3倍のコストの無農薬米に変え、製造法も「速醸」から「山廃」という昔ながらのやり方に変え、そして「五人娘」という酒が誕生する
その後、発芽玄米酒「むすひ」が生まれるのだがこの酒を飲んだ人から、「血圧が156から130に下がった」「便通がスムーズになり、痔が治った」「よく眠れるようになり、手足が温かくなった」
という声が寄せられるようになる
まさに、目指した「百薬の長」となる本物の日本酒、奇跡の酒の誕生である

この日、寺田さんから教えていただいたことは

・発酵とは変化して別のものになる

・正しいことをやるのではなくて、楽しいことをやる

・人事を尽くして天命を待つ ではなくて 天命に任せる

・人間も微生物のように発酵しながら生きれば、争わなくとも生かされる

今、寺田本家は、100年に一度の好景気だそうだ
確かに、私の大好きな「むすひ」は、ネットでも買えなくて予約である

「酒蔵を拡大するお気持ちはありますか?」
とお聞きしたのだが
「全く考えていない」
とお答えになった
でも、この質問は道中に用意していたのだが予想通りの答えが返ってきた

寺田さんの著書「発酵道」お奨めです

IMG_0531.jpg

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ