本文へジャンプ

2006年11月の記事一覧

正直マーケティングのすすめ

カテゴリ:社長  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年11月29日

4756910114.01._AA240_SCLZZZZZZZ_V34708413_.jpg

マイネットジャパンの上原仁、保田隆明、ガ島通信の藤代裕之さんの共著で「口コミ2.0」が発売された
ブログやSNSが情報の伝播スピードを加速化させ消費者に影響力を持つようになった今日、CGMを口コミマーケティングにいかに繋げるかをわかりやすく解説している
著書によると、「アメリカの調査では消費者はモノを買うときに、売り手の言うことは47%、メディアの言うことは53%、他の消費者の言うことは90%信じる」という結果がでているそうだ

サブタイトルが「正直マーケティングのすすめ」で、口コミを企業がコントロールすることはできずに炎上してしまったソニーのブログを例に出し「正直」の大切さを語るあたりはいかにも彼ららしい

化粧品のECサイトを運営している友人も同じことを言っていたが、サクラを使って消費者を動かすすような行為が通じなくなりそのような行動を消費者が見破るようになった
下手な煽りは命取りになる

ブログやSNSの影響で情報の伝播スピードは広く速くなるが、その中で「正直」が大切になる
人のうわさは75日といわれるが、ネットの書き込みは75日が過ぎても残る
検索上位にある、商品批判は企業イメージダウンの致命傷となる

また、情報の伝播スピードが上がると商品のピークラインは早く到達するが落下スピードも速くなる
こんな時代は、作り上げるのに時間がかかるもの、普遍的なものが大切だったりする


場のエネルギー

カテゴリ:スピリチュアル  コメント 1 件  トラックバック 1 件  2006年11月25日

場には、それぞれのエネルギーがある
私のオフィスのある溜池山王は東京港区のど真ん中に位置し外資系金融の街である
市ヶ谷のオフィスから引越ししてきた時、行き交う人のギラギラ感が新鮮だった
どちらかというと常に頭を使っているタイプの人が多い

以前に事務所があった市ヶ谷は神楽坂、神保町が近く出版社が多かった
かつての文豪が愛した蕎麦屋、寿司屋、天麩羅屋が今でも残っていてここには昔のゆったりとした東京のエネルギーがある

一方、溜池山王が外資系金融の街なら隣の六本木は、ヒルズ族(そろそろ死語になりかけている)といわれる新興成功者が集まる街で六本木ヒルズに住むことがステイタスになり、そこを目指す予備軍が六本木から渋谷に集まっている

東京には、それぞれの街にエネルギーがある
わずか5KMくらいの距離でこれほどエネルギーが違う都市は世界的に少ない

人は皆、自分に合ったエネルギーに引き寄せられる
そしてどのエネルギー場を選ぶかが重要であると私は考えている

例えば、コーヒーチェーン店でもスターバックス、ドトールコーヒーではあきらかに店のエネルギーが違う
タバコを吸う人はスターバックスにはまず行かないが、タバコが嫌いな人はドトールには行かない
極端な例だが、コーヒーショップ一つを見ても場のエネルギーは全く違う

好む好まざる、人は自分で今の環境や場のエネルギーを選んでいる

つまり場のエネルギーを変えると人生のエネルギーが変わる

グループを見ると顕著で、人が集まりグループ形成が始まるとそこにエネルギーの色が付きはじめる
噂話が好きな人は、噂話が好きな人とグループ構成を取る
一人では噂話ができないのでいっしょに噂話をして盛り上がってくれる人が必要になる
そうしてグループ構成ができてくる

そのエネルギー場が自分に合っているのかどうか、自分の行きたい方向性と合っているのかどうかを「選択」することが肝心だ
ひょっとするとその選択は少し勇気が必要かもしれない

無意識ではなく意識的な選択が、未来の自分を形成していく

既得権

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年11月24日

先日、チーム達成会で近所に焼肉を食べに行った
「何が食べたい?」と聞くと20代には圧倒的に焼肉が人気である
この傾向だけは20年位変わらない気がする

そこの話題で、放送業界の買収を誰が成功させるかという話になった
この10年では、96年にソフトバンクの孫さんが世界的なメディア王として知られるルパート・マードック氏とテレビ朝日の買収を試みたのを手始めにライブドアの堀江さんがニッポン放送、楽天の三木谷さんがTBSの買収を試みているが、まだ実現した人はいない
放送業界は、日本に最後まで残っている既得権益である

上場企業の生涯賃金データーが出ていたがベスト5に、フジテレビ、朝日放送 、日本テレビの放送業界3社がランクインしていた(放送業界以外ではキーエンス、スパークス・アセット・マネジメント投信)

ニッポン放送とライブドアの買収騒ぎの時、ニッポン放送の社員はライブドアによる買収に大多数が反対の意向を示しいろいろな理由が出ていたが、あの報道で給与が下がるからだと言った人はほとんどいなかった
でも結構、本音はその辺にあったりする
三木谷さんがTBSの買収に成功したら、TBSの社員給与は下がるだろう

この業界だけはいまだに、バブルが続いている
例えば、この業界で働く私の知り合いが使えるタクシーチケットの予算が年間600万円であったり
高額な接待交際費があったり、この業界だけはいまだに別世界の空気がある
そんな既得権で守られた業界に、一般世界の業界から社長が送り込まれた大変なことになる

2000年以降、不況の影響で日本も多くの既得権が消えていったが、既得権だけは内側から崩れることはなく外から壊れる

そろそろ放送の牙城も崩れそうな予感がする

ハッピーになろうという意志

カテゴリ:スピリチュアル  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年11月17日

昨日、溜池山王の交差点を渡りながらふと思った

「俺って、今を生きてるの?」
「過去に生きているのとちがうの?」
そんな、内側のメッセージが聞こえてきた
終わってしまった出来事を思い悩みながら交差点を歩いた時に起きた感覚だ

ゴルフでもミスショットをした時、次のショットを打つ間際までミスショットのショックを引きずってしますことがある
ある友人が18ホールをミスなしでプレイできる人はいないので、グッドショットもミスショットも3歩で忘れることがゴルフのコツだと教えてくれたことがある

ミスショットのショックを引きずっている自分は、今を生きずに過去に生きている

ビジネスでも、一日の思考の中で過去のことを考えている時間が多い日がある
考えても仕方ないことを考えてしまうのが人間の特性なのだろうが
今を感じながら生きないとハッピーにはなれない

今週のSQ Lifeの「スピメ」に、「ハッピーになろうという意志を持たない限りハッピーにはなれない」というメッセージがあったのだが
ハッピーになるということは今を生きるということだ

過去をひきずるわけでもなく、未来に逃避することでもなく

ハッピーになるということは自分で決めることができる
誰が決めるものでもなく自分の意志である

常にあるのは今だけなので今を生きれるようになりたい

新たなヒーロー

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年11月15日

社内で年末調整のメールがまわってきた
気がつけばそんな時期である
この時期から年末までが早いと感じるのは私だけであろうか

デジパでは年末調整をCMでお馴染みの「勘定奉行」でおこなっているのだが、これは日本のシェアNO.1を取っただけあって優れものである
実は、6年くらい前に経理を自分でやっていた経験があるのだがこの時に年末調整をやろうと思ったらまず、税務署の年末調整説明会に参加してその年の税法変更点を教えてもらう
税法は、実は固定されておらず「景気対策」「雇用対策」等で毎年のように特例措置が変わる
それに基づき、個人の納税額を算出していた
だが今は違う
「勘定奉行」を更新してさえいれば、税務署の年末調整説明会に参加しなくとも数字を入力するだけで納税額を算出し帳票までできる
担当者に「年末調整にどれくらいの時間がかかるの」と聞いたら
「3時間あれば終わりますよ」
とあっさり言われ時代の変化を感じた
おそらく20人位の企業で、担当者が有能なら3時間もあれば仕事が終わるのだろう
まさに革新である
さて、これで困る産業がでてくる
税理士である

かつて、年末調整や確定申告は税理士にとって大きなビジネスであったのだがイレギュラーなケースがないかぎり当人でも業務を完結できる
同時に顧問料金の低下現象が起きている
決算費用込みで年間30万円などという税理士も出てきている

かつて2002年にデジタルカメラとフィルムカメラの逆転現象が起きた時、ポラロイドカメラは役割を失いフィルム、現像所、フィルムカメラのFC店で時代の変化に適応できない会社は衰退したり倒産したりした
一方、キャノンは世界一のデジタルカメラのメーカーの座を勝ち取った
技術の進化が起きる時、その進化についていけない企業の死がおこり、新たなヒーローが誕生する


このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ