本文へジャンプ

2006年6月の記事一覧

デジパの第4期が終わりました

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年6月30日

今日、デジパの第4期が終わりました
期末で忙しく、この2日間は自宅に帰らずに仕事をしていました
一人で夜に仕事をしていると、知らず知らずのうちにデジパを起業してからの4年間や42年間の人生が走馬灯のように浮かんできました

何のために仕事しているのか?

社長業とは何だろう?

自分は、どうなりたいの?

10期のデジパはどうなっているの?

等、禅問答のように自問自答しました

改めて出した結論は、「仕事はしんどいけど楽しい」です
例えば、高校時代は野球部に所属していたのですが
試合は楽しかったですが練習がしんどかったのです
でも、苦しい練習をして成長するから試合が楽しいのです

結局、仕事も高校時代の部活動も同じだと感じました

仕事はしんどいけど楽しさを見つけるのが能力なのです

結局、振り返れば楽しい4年でした

会社の成長
人との出会いや別れ
社員や自分の人間的成長
等など

今から、デジパの第5期を考えるとワクワクしてきます

来期は、外からのエネルギーを入れて化学反応を起こしたいと考えています

社員の皆さん1年間、お疲れ様でした
感謝です

販促のハードル

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年6月28日

クライアントからメール問い合わせ(メールフォーム)のハードルに関して質問された

よく質問されるのだが、メールフォームのアンケート項目をいくつに設定するかという内容である
販促側はできるだけユーザー情報が欲しいので多くの項目を設定したいのだが、ユーザー側は最低限のことしか解答したくないという人が大半なので、項目数が多すぎると途中で問い合わせをするのが嫌になるケースが多い

また、答えるのに苦労する質問があってもテンションは下がる
先日、買い物をした時に「休日は何をして過ごしていますか?」という質問が
チェックボックスでもプルダウンでもない記入式のフォームで、しかも必須項目になっていた
意図はわかるのだが、自分の中には抵抗が起きた
これを見た時、センスのない担当者だと私は感じた
抵抗感をいかにつくり出さないかは販促の大きなポイントだ

販促のハードルを上げすると間違いなく問い合わせ件数は少なくなる

一方、販促のハードルを下げすぎて苦労する場合もある
2年前に、デジパで「書籍プレゼント」という販促をしたのだが1ヶ月に300件を超す問い合わせが全国からあり、当時の会社規模ではとてもフォローしきれなかった
これは、販促のハードルが低すぎたのだ

反響率は常に変化しているのだが
このテーマに関しては、会社の反響率が低くなっている傾向の時はハードルを下げた方が良い結果が出やすい

コーチング

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年6月19日

先日、未来塾で芝井麻里さんより「コーチング」に関しての講演を聞いた
感じたフレーズを書いてみると

S:コーチングのスキルは沈黙
K:よく沈黙に耐え切れず話し出す人がいますが沈黙は大切です、相手は考えているのです
そんな時に、話しかけられると思考が止まるのです
 (客観視がスペースを作ります)

S:コーチングは3ヶ月がワンクール
K:生理的、行動的に「変容」は90日です
人間の細胞も90日で生まれ変わります

S:アメリカの大手企業CEOの60%がコーチを付けえている
K:日本人は自分一人で考えるのが好きな民族です
だから、禅、茶道、華道が生まれたのです
  
S:ただ一人で話すと、頭の中がまとまる
K:私も、企画がまとまらない時は聞き上手の社員を相手に、ひたすら話します
話すと、自分の脳に帰ってくるので効率があがります
デジパの社内でも一人でひたすら考えて企画がでない人がいますが自分の中だけで思考すると堂々巡りになりがちです
たまに自宅で考える時は鏡に向かって話します
脳に反射させるのが目的なので、これでも効率は上がります
さすがに社内ではやりませんが、「社長の気が狂った」と思う社員がいたらまずいので(笑)

S:芝井
K:桐谷

厳しくなる内部監査

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年6月17日

株式上場の維持が難しい時代がやって来そうだ
ライブドアと村上ファンドという2社が引き起こした問題で金融庁が動いている
企業の内部監査が一段と厳しくなる
役員の公式アポイントに関しては全て議事録を残すことが義務付けられそれが監査項目に入る可能性が高くなってきた
さらに、プライバシーマーク、ISMS等の第3者認証を義務付けられるSOX法が2008年に法案が可決されると
上場企業の株式公開維持コストが一気に跳ね上がる
これは、アメリカとの生産意識との違いで日本は3%の不良品があればそれがでないように生産ラインの改定するのがやり方で、アメリカでは不良在庫が3%出るのであれば103%の製造を計画するのが生産的考え方の相違である
公開企業3000社の中のたった2社のルールを破った企業のためにこの10年、間接金融から直接金融に変わり始めた企業のダイナミズムを変えるような動きが生まれ始めている
ルールと制度で企業をがんじがらめに縛ってしまうと、新たなる資質のものが生まれ難くなる
この歪みは必ず表れるであろう

ボディーサイコセラピー

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年6月16日

bio kiosato06 006.jpg


先週から5日間ボディーサイコセラピーのワークショップで清里に行く
トレーナーは、イタリアからやってきたバイオシステミックス協会会長のMaurizio Stupiggia

今回は、交感神経と副交感神経を中心に学ぶのだが
エネルギーのディスチャージとチャージのバランスがモチベーションの源泉となり
最近のビジネスマンは、このバランスを崩す傾向が強い

弛緩と緊張のバランスなのだが弛緩の状態をつくり出すのが苦手な人が多い傾向で、弛緩による深いリラクゼーションが強い行動エネルギーを生み出すベースとなる
副交感神経へのアプローチとしては休息的要素のものになるのだが、睡眠、クラシック等の穏やかな音楽を聞いたり、マッサージを受けたり、ハーブティーを飲んだりして心と体を緩めることが大切になる

最近、大脳生理学の研究の進化が著しく医学にも心理学にも影響を与えており書店の店頭でも脳に関する書物が多く並んでいる
S.Porgesの研究成果に「迷走神経」の概論がありそれに関して今回は、Maurizioから学ぶ
交感神経エネルギーを強めるためのアプローチとして迷走神経があり活性化する手法はcommunication(いっしょにいる)である

5日間、交感神経にアプローチするcommunicationのボディータッチケーススタディを多く体験したのだが、人は「いっしょにいる」「見守られている」という感覚でエネルギーが変わる

経営による組織運営とは関係性の修復の連続であると感じた
つまり関係性の修復がエネルギーを高める

ボディサイコセラピーでは、交感神経にアプローチするタッチとして脊髄の通っている背中が多かった
確かに不安を持つ人に対する諺にも「背中を押す」「腰が引けている」という言葉が残っている

モチベーションに関しては内側のリソースと外部的関係性が大きくその人に影響を与えると身を持って今回のワークショップで知った

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ