本文へジャンプ

波動を合わせる

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2015年5月 7日

??????.jpg

先日、館山での3ヶ月間の起業塾を終えた
「モチベーション維持」「マインドをいかにキープするか」という心のテーマがやはり一番興味を持たれ多くの質問を受けた
これは、起業家でなくても万人に共通するテーマである

講義の中でレクチャーしたのは、みんなボディを持っていて外部環境と接しているので一定リズムではないということを認めようということだ
プレゼンが上手くいってテンションの高い時もあれば、クライアントにボロクソに言われてテンションが一気に下がることもある
「陰陽の法則」
陰があるから陽がある
朝があるから夜がある
これは、学生時代に小原仁さんに教えてもらった言葉だ
当時は、わからなかったのだが、最近、少しわかるようになってきた

ここで一番大事なことは、テンションが下がっている自分を認めて愛することである
そこで自分を慈しむとヒーリングが起きる
ここで「何で俺はだめなんだ」「俺って弱すぎる」等と、自分を叩いてしまうと、自分の中で戦いが生まれる
これは、エニアグラムを日本に持ち込んだセラピストであるティムマクリーンも先日同じことを語っていた
「自分を愛することが一番大事で現代人は、自分を叩きすぎている」
(著作「エニアグラム自分のことがわかる本」


次に、ツールを使って回復を促進する方法がある
「音楽」や「言葉」である
私は、「音楽」を使うことが多い
iphoneに、好きなスペシャル音楽を入れておき、それを流す
(これは、自分の好みで何でもいい)
人は、習慣の生き物なので、それで自然にスイッチが入る
プロアスリート等は、音楽でスイッチを切り替える習慣の人が多い
次に、「言葉」は、座右の書をマントラのように唱える
「われ生を得るは進化向上を現実化させるため」
「私は私の背後に宇宙霊のあることを信じて何者をも恐れぬ」
(以上、中村天風)
これもどんな言葉でもよくて自分が好きな言葉で、それを唱えると「気」があがるもの

自分の好きな、「音楽」「言葉」には、その人の合う波動があるので、そこに共鳴しやすい
高い波動のものに合わせると自分の波動を引き上げてくれるお手伝いをしてくれる

今日は、8連休のGW明けなので、会社に行って波動を上げるために、まずやったことは、ネイティブアメリカンが浄化のために使うセージを炊いて、フラワーエッセンスを室内に噴いてみた
フラワーエッセンス等は、臭覚に訴えることができるので、ツールの一つとしておもしろい

習慣をつくるには情動を動かす

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2015年3月 3日

150221_03.jpg

2月から南房総・館山にて「起業塾」を開催しています。
第1講を2月21日(土)に終えました。

ブレストワークを通して、受講生の豊かな創造力と熱の高さに驚きました。
南房総ならではの「自然」「農」といったアイデアが多数出たのも、新しい発見がありました。
都心部とは、全く違うアイデアが出ました。
安房地域でも、新しいものが生まれそうでワクワクしています。
その後、受講生と交換日記みたいに「ワクワクシート」というフィードバックシートのやり取りを実施中しています。
そこで、習慣を変えるというテーマで、以下のコメントをしました。


**さん、一週間のチャレンジありがとうございました
行動できなかったことを少し、観てみましょう
今回のテーマは、少しだけ習慣を変えてみるという練習です
行動できなかったというのは、行動するための情動を使えなかったということなのです
20世紀に流行った成功法則は、「思考が実現する」(ナポレオンヒル、マーフィー系統)です
ところが、それを行動して実現に結びつけられる割合が約20%でした
残りの80%の人は、思考を行動に結びつけられなかったのです
そこで、21世紀に入り脳科学が進歩し、なぜ、思考(意識)を行動に結びつけられなかったかを脳化学者達が分析しました
意識には、潜在意識と顕在意識があります
その対比は、97:3という学説があります
ポイントは、97の潜在意識をいかに活用するかということです
但し、多くの人が顕在意識(現状維持)しか使っていないので、97の潜在意識が使えていません
先日の第1講でも、お話した通り、爬虫類脳の方が強いので、現状維持したいというパワーのほうが強いのです
例えば、私と**さんが、渋谷のハチ公前で会うという約束をするとします
でも、この約束だけでは出会えません
なぜなら、いつかが決まっていないからです
会えないので、来週、会おうねと約束します
でも、まだ会えません
なぜなら、来週という時間の時空が長すぎるからです
来週、3/7 12:00に渋谷のハチ公前で会おうねと決めると会える確率が大体50%くらいまで上がります
なぜ50%かというと、**さんが館山から渋谷まで行くための情動が設定されていないからです
次に私が**さんに、「渋谷でおいしいボルドーのワインを奢りますよ」
あるいは、「AKBを一緒に連れて行きますよ」
とか、私が、プロポーズしたものに対して、**さんの情動(感情)が動かされた時に初めて、館山から渋谷で出会えます
要するに、行動するには、自分の情動(感情)をコントロールする必要があります
次に、情動を観てみましょう
脳科学者によると、情動は48あります
それを大きく2つに分けると、「快」と「不快」です
もし、私が、**さんと渋谷で3回会って、3回が「快」を感じれれば、それが習慣になります
桐谷と渋谷であえば、「快」が感じられる、得するという情動が生まれ、習慣化します
ところが、桐谷と渋谷で3回会って、不快だったら、4回目に会う確率は減ります
感情が、「不快」を発信します、そうすると行動を起こして、高速バスには乗りません
なぜなら、行動せずに家でのんびりしているのも「快」だからです
**さんが渋谷で私と3回会って、3回とも「快」が感じられれれば、4回目の約束のときに、脳からドーパーミンが分泌されます
ドーパミンは神経伝達物質で、快感や意欲を作ったり感じたりする脳内ホルモンです
これは、ワクワクするという感情から生み出されます
これが、習慣をつくる方程式です
つまり、思考から行動に移すには、自分の情動を動かす必要があるのです

こんなふうに週に一度、受講生とやり取りしているのですが、私の経験則から申し上げると、3ヶ月、90日間、何かを続けると一つの習慣ができる基礎になると考えています
私の会社も3ヶ月をクォーターと呼んで、あらゆる数字の区切りをつけています
人の細胞80兆個が、90日で入れ替わるので、その法則に順じているのではないでしょうか


自己効力感を高める4原則
1、成功体験
2、代理体験
3、言語的説得
4、恐怖や不安を減らす

ここでは、3の言語的説得です
「自分に能力があることを言語的に説明されること、言語的励まし。」
これが、サポートになるのです

私の新入社員時代に、こんなことがありました
社会人になったので日経新聞を読もうと決めて、2度目のトライを試みました
1度目のトライは、就職活動時で2週間で挫折しました
2度目のトライも3週間で挫折しそうになり、当時の上司に、
「私には、日経新聞を読み続けることは無理です。何が書かれているのかさっぱりわかりません。」
と申し出ると上司が、
「全部、読む必要はないので、テーマを1つに絞込み1コラムだけ読んでごらん。」
とアドバイスをして、彼は始業のチームミーティングを15分間早めて、日経新聞の読み合わせ会を始めてくれました
当時、私は採用広告の営業マンだったので、採用の記事をテーマに選び1コラムだけを読み始めました
それが、3ヶ月続き、1年続き、読むコラム数やテーマを増やしていき10年続けると、日経新聞に何が書かれているかがほぼ理解できるようになりました
そして、休刊日になるいと、寂しさを感じるまでになりました
これが、習慣なのです

新しいことを一人で90日間やり続けることは難易度が高いです
そこで、上司、コーチ、メンターの登場です
友人同士でもいいでしょう
人生は、仲間と渡ると楽です

新年あけましておめでとうございます

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2015年1月 3日

 新年あけましておめでとうございます

 1月3日の新聞見出しを見ていて2つの対照的な記事が目についた
 
主要企業経営者20名の2015年見通し株価「年後半2万円台」大勢 
景気「回復基調に戻る」一致  (日経新聞)

地方移住4年で2.9倍 「首都・近畿から」3割 
都市部の若者が農村を目指す 「スローライフ」の生き方を求める 移住者の受け皿作りに積極的な自治体が人を集める (毎日新聞)

 昔から経済紙の景気動向が当たるのを見たことがないのだが、2014年を見ても実需が動いていない
今、日本の金融資産の50%以上を所有しているのが65歳以上の高齢者なので、一昔前と違って株価が実経済に反映されづらい
原油価格が直近半年で107ドルから60ドル台まで57%も暴落していいるものの行き過ぎた円安は、原材料の輸入コストを引き上げてしまい内需企業は悲鳴をあげている
2014年の日銀貸借対照表を見ると資産の部246兆円のうち204兆円が国債でその内159兆円が長期国債である
今、日銀が長期国債の最終処分場となっているのだ
地銀最大手の横浜銀行にいたっては2013年に全ての長期国債を売り払っている
綱渡りのようなマーケットの中での、日経新聞のこの記事には違和感を感じた
一方、地方移住が増えているという毎日新聞の記事には、右肩上がりの経済成長のみを追い求める世相とは違った生き方を求める層が増えているとというトレンドを捕らえている
「スローライフ」や「ロハス」を求めて地方で文化的な生活を求める層が増え、ますます価値観は多様化していくのだろう
そして、これからは地方自治体に経営力が求められる
記事には、空き家バンク制度の導入や、新婚世帯を対象に割安で入居できる集合住宅を建設するなど若者を呼び込む施策を実施して移住者支援を成功させた大分県豊後高田市のケースが出ていたのだが、
地方自治体のトップの手腕如何で限界集落となる地方と移住者を呼び込み新しい文化を作り出す地方との差が大きくなる
 私は、2010年3月に南房総市に住民票を異動させて二拠点居住を開始したのだが、2009年は居住地探しのために日本国内を探し歩いた
 南は沖縄、北は長野県安曇野まで
そこで感じたのは、自治体のやる気の差だ
今のご時勢、どこの自治体も移住者誘致を政策に掲げている
だが、週末の土日に移住者相談をしている自治体は、ほとんどない
一方、移住者誘致で成功して話題となっている島根県の海士町などは、土日に移住者相談開催するどころか役所が転職支援まで行っている
北海道の夕張市が破綻したが、これからの10年破綻する地方は益々増えるであろう

 2014年を振り返って雇用情勢がトピックとして気になった
採用で人が集まらない、すき家、ワタミ等が相次いで店舗閉鎖を実施する一方で、くら寿司などのロボット型回転すしチェーンは合理化が進み店舗での従業員と接することがほとんどなくなった
オーダーは全てタッチパネルで、one to one で注文した商品が送り出される
くら寿司は大阪本社の企業でご縁があり、昔から知っていたのだが5年ぶりに品川店に行ってみると無人化オペレーションに驚いた
風情も季節感もあったものではないが、ユーザーにとっての選択肢が増えたことには間違いない
一方、銀座の接待向けの寿司屋は一気に淘汰された
アマゾンでは物流センターの無人化を本気で考えている
今、物流センターの合理化は、ものすごい勢いで進んでいるのでこれは実現するのだろう

グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジがファイナンシャル・タイムのインタビューに以下のように答えている
「必ず起こると断言していることは、人工知能の急激な発達により、現在日常で行われている仕事のほどんどをロボットが行うというもので、近い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろう。
テクノロジーは仕事の効率を10%向上させるものではなく、効率を10倍良くするものです。
あなたの生活は今よりも劇的に良くなり、生活にかかるコストも信じられないほど安くなるでしょう。」
かつて、私が新入社員であった1988年はスーパーコンピューター時代で「コンピューターが普及して、一人一台職場でパーソナルコンピューターを手にする時代が来れば一人当たりの労働時間は3時間まで減る」と予言されていた
だが、それが実現した現代はいかがであろう?
中途半端なホワイトカラー層の実需が減り、雇用のミスマッチが起きてしまった
また、私が大学生であった1980年代は短期大学を出た女性の多くが事務職採用を希望して就職をしていた
今は、どうだろう?
今後、更にホワイトカラー層の職は減る

私が経営するデジパのウェブ制作事業でも同じような現象が起きている
かつてコンペで「デジパの提案金額は、一番安い会社の提案金額の2倍です」と約10年前、クライアントに言われた
今は「デジパの提案金額は、一番安い会社の提案金額の3倍です」と言われる
スマートフォン、タブレットの普及等の技術進化の影響もあるが、一番安い金額提示した会社は、海外で制作しているのだ
私は、先端を走って「ご用達ビジネス」をやると決めているので軸はぶらさない
方向を決めなければ企業継続ができないからだ

企業もそうだがビジネスパーソンも、より自分をスペシャリスト化させて自分に付加価値を付ける必要がある
それを実現させれば、より自由な世界に行くことができる
「雇われない生き方」の実現だ

2015年は会社のテーマとして「コミュニケーション力アップ」を掲げている
「いいものをつくる」が当たり前になった昨今、いかにクライアントの潜在力を引き出して顕在化するかの能力を身につけるかが「ご用達ビジネス」の基礎となってくるからだ
ファシリティト力の高い会社になることを目指すのだが、これは一長一短では実現しない
結局は、パーソナルレベルをアップさせる、人間力をあげるということだからだ
自己開示能力を上げないと聞き出す力は上がらない
だが、面倒くさくて時間がかかるコトに価値があると考えている

半農半起業家という生き方を選んだ理由

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2014年12月 4日

??.png

13年ぶりに出版しました。

「検索せよ。そして動き出せ。~パラレルライフを実現する出会いのドアの開き方~」(ビジネス社)

私にとって、リーマンショックの後に起きた出来事や出会いが人生を大きく広げるきっかけとなりました。
一年間、自己再生の旅に出てみて超金融資本主義の終焉を感じ「食の自給と信頼のコミュニティ」が何より重要だという仮説を立てて、あわの国に居を構えました。
会社経営においても徹底的に解放するという経営に転じたら、黒字転換し、多くのメンバーが東京を飛び出しました。一番遠くまで飛んでいったウェブデザイナーはニュージーランドのクライストチャーチ。
そんな、気づきと実践内容を綴ってみました。

・半農半起業家という生き方を選んだ理由
・超金融資本主義から広域型の自給コミュニティへ
・二拠点居住が幸せ度を上げる
・南房総の移住者はあばら骨が足りない
・ハイブリッドに働いてみよう
・会社を開放「一番遠くまで飛んでいったウェブデザイナーはニュージーランドへ」
・会社設立13年で9名が起業
・モノからつながりへ

以下、著書より抜粋

「毎週、千葉県の南房総と東京を移動する二拠点生活も5年目に入った。
起業家を目指して、26歳の時に初めて新卒の人材コンサルティング会社であるワイキューブを仲間5人で起業し、その後、2度の起業と1度の倒産を経験した。
私の人生を大きく変化させたのは、2008年に起きたリーマンショックだった。
余儀なく事業縮小を強いられ、自分の人生を再生するために、自己再生の旅に出た。
その出来事で感じたことは、行き過ぎた金融至上主義はもう続かない。
バーチャル経済から実経済に移行する。
グローバリゼーションからローカライゼーションに軸が動く。
かつては、バックパックを背負って世界30カ国を放浪した知見と、経営者としての経験から、再生の旅のキーワードを、私は「自給自足」と「コミュニティ」とした。
 そして、あらたに日本全国を巡って得た気づきをもとに、NPO法人「あわ地球村」を立ち上げ、パラレルワークを始めた。
 無農薬、無化学肥料で米と味噌と醤油をつくり、その仕組みを都会で暮らす人々にも広く提供することで「結い」のコミュニティをつくり、持続可能な社会をつくるきっかけとなりたいと考えたからだ。
 会社経営の仕組みも根底から変えた
東京では、ウェブ制作会社であるデジパを経営しているのだが、リーマンショックを機に赤字転落した。
それをきっかけにピラミッド型組織のマネージメントを放棄した。
私が、田舎暮らしを始めて、パラレルワークを始めたら、多くのメンバーが東京都心から離れていき、更にパラレルワークを始める人が自然多発的に増え始めた。
一番遠くに引っ越したウェブデザイナーが選んだ場所は、ニュージーランドのクライストチャーチだった。
自分が住みたい場所に住んだり、好きなことをサイドワークにしたことで、各個人の能力が上がった。好きなことをする時間を増やしたことで、生きるエネルギー源が大きくなったことと、普段使わなかった脳を活用した効果であると私は分析をしている。
結果的に、会社が再び黒字転換し経常利益が上がり始めた。
私自身は、価値観と行動を変えたおかげで、まったく違う人生になってしまった。
代償として、「会社は毎年右肩上がりで成長しなければならない」「全員が同じフロアで働かなければ会社が機能ない」などの固定観念を捨てた。
今は、歴史の断層を歩いているような変化の激しい時代なので、目の前の現実に危機感や閉塞感を抱く人が多い。
でも、少し視点をずらすと新しい世界が広がっているのかもしれない。
 今、地方の空き家率はどんどん高まり、私が住む南房総市は、22.3%である。(2008年総務省資料)
東京のオフィスから南房総の拠点まで、車でわずか1時間半。
東京の一極集中が進んでいるのを感じるが、一方で別の生き方の選択も可能になってきている。
自然あふれる田舎に拠点を持って、農を始めたり、地域通貨を活用して新しいコミュニティを作ったり、週末カフェ、週末シェアハウスをやってみたり、地方の過疎化、インターネットサービスの普及により、新しいチャンスが生まれてきている。
そして、田舎から新しい取り組みを始める人が増え始めている。
この著書は、私の自己再生の旅を通じて知った、日本社会で起こり始めている幸せ価値観の変化、田舎で新しい生き方を選択した人々のケーススタディ。なぜ、私が経済一辺倒から「半農半起業家」という生き方を選択して二拠点生活を始めたのかを記してみた。」

只今、amazonにて予約販売中です。

三河湾100キロウォーク

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2014年10月27日

??.JPG

6年ぶりに、三河湾100キロウォークにデジパの勇士4名が参加した
これは、100キロを制限時間30時間以内で不眠で完歩するというイベントなのだ
10年前に、私が初めて参加したのをきっかけに、会社での恒例イベントとなり、しばらく参加し続けていた

よく、「100キロを何人で分担するのですか?」
と質問されるのだが、もちろん1人なのだ
ちなみに、横浜駅から品川駅までが約25キロ、実にそれの4倍
並大抵の距離ではない

非常識な距離だし、参加すること自体が馬鹿馬鹿しいのかもしれない

だが、この非常識なのと、非日常がいいのだ

終了後に、感想文を書いてもらうのだが、過去にこんなコメントがあった
「人生で1,2を争うくらい苦しい体験だった」
「今までで、もっとも達成感を感じた」

経費は会社持ちで、完全に自主参加なのだが他の研修に比べてがあまりにコメントの内容が濃かったので、
「イベントから新入社員は必須の研修に切り変えようか?」と総務担当の女性に過去に相談したら、
「労災がきかないからダメです」とあっさり却下されてしまった

だが、主催者で白だしを作っている七福醸造では、社員は完歩するまで参加し続けるを一つの規約にしている
今回も、96キロポイントで、昨年3回目で完歩したという七福醸造の女性社員のマッサージを受けたが、
「3年間、サポートを受け続けて、やっと今年は、お返しができることがうれしい」
と語っていた
大会のテーマが「感動」「感謝」で、サポーターのお陰で達成できるという、「感謝」という体験をものすごく実感しやすいイベントなのだ

人の成長過程において、「自分の枠を超える」という体験が重要で、そのきっかけを与えることが経営者の仕事でもあると常日頃考えている

誰もが、自ら架空の枠を作っている

「3つ子の魂100まで」という諺があるが、多くの人が、古い価値観、幼少期につくった枠のまま生きている
これが、何かの触媒に触れることにより「古い枠」を捨てることができる
「古い枠」を捨てると、新しい自分を発見して新しい人生を生きることができる

100キロを歩くという非日常を、6年ぶりに体験したお陰で、体も心も軽やかになりました

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ