本文へジャンプ

「人材」カテゴリの記事一覧

新たなるパターン

カテゴリ:人材  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2008年7月17日

今日から恒例のベトナム出張でホーチミンに来ています

今朝も決められた時間に東京の自宅を出て、品川でメール対応をしていたら成田エキスプレスに乗り遅れてしまいました

一瞬、焦ったのですがネットで新たな時刻表を調べてもフライトには遅れそうだったのでタクシーで成田まで移動しました
そうすると何と通常より30分も早く空港に着いてしまい、ものすごい発見をした気分になりました
もっとも、常に車で移動している人にはあたりまえの話なのですが

多くの人は同じパターンを繰り返します

私のベトナム出張も、毎月同じフライトで、同じ時間の成田エキスプレスに品川から乗ります
今回は、たまたま電車に乗り遅れたので、私は新しいパターンを発見しました

例えば、タクシーを使わずとも、自家用車を自分で車を運転して成田に行くという方法もあります

人は知らず知らずのうちに同じ思考で同じ行動パターンに嵌ってしまします


最近、社員を見ていて伸び悩んでいる人にはいくつかパターンがあると考えるのですが、一番多いのはゴールからの逆算をせず目の前の仕事から片付けていくタイプです
俗にいう目の前しか見ないビジネスマンです
一般的にこのタイプは多いです
どこの会社でも、職級が高くなればなるほど遠くを見てゴールから逆算します

更に仕事ができない人は、新しいことにチャレンジをしません
そうすると、完全にルーチンで同じパターンの繰り返しになります

新卒で入社して10年それをやると強い殻が出来上がり、これを破るのはなかなか困難です

通常、新しいパターンを発見するには対価が必要です
クライアントに怒られたり、セミナー代であったり、場代であったり、私も新しい場所が好きなのでレストランとかも飛び込みで行きますがかなりの確率で失敗します
一般的に授業料と呼ぶものです
今回も、タクシー代金2万4000円を追加出資しました
これを新たなるパターンを発見した授業料と考えるのか否かですが

ホスピタリティー

カテゴリ:人材  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2008年3月21日

今日は、ホーチミンにいるのですが
気づいたことがあります

ハングリーな奴は、ホスピタリティーが高いです

飯を食っても、マッサージを受けても、タクシーに乗っても
共通しています

日本もベトナムも、仕事が出来る奴は同じですね

20代の強み

カテゴリ:人材  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2007年2月11日

message_p01.jpg

かつての同僚であった、GAコンサルタンツの勝本氏を大阪に訪問
実に15年ぶりの再会だった
GAコンサルタンツは「ベトナムと日本を繋ぐ」をテーマにした人材系ビジネスの会社だが、規模では日本一で社員は両国で200名を超える
ベトナムのオフショアービジネスが伸びる中で開発に関する打ち合わせをしたのだが、私の予想以上にべトナムの技術者育成は進んでいた
上海の人件費、不動産が高騰する影響でベトナムに対する海外投資が急増しドイモイ政策が加速し日本とベトナムの距離がかなり縮まっている
日本国内のプログラム等の仕事がアジア諸国に流れる傾向が早まりそうなのを実感した
例えば、GAコンサルタンツ大阪本社勤務のベトナム人女性は、全くストレスなしにビジネスの打ち合わせをするのだ
言語の壁も、予想以上に早く縮まりそうだ
今、パソコンのDellのカスタマーセンターも中国にある

さてベストセラー作家となったワイキューブの安田氏とGAコンサルタントの勝本氏は会社員時代、共に切磋琢磨した関係だった
二人に共通して言えるのは、自分の強みを知っていてそれを今も生かしている
安田氏は、20代からクリエイティブ派だった
著書「千円札を拾うな」は彼らしい作品だ
でも、クリエイティブ派は各論に弱い
一方、勝本氏は各論派で下から積み上げるタイプだ
各論派は、クリエイティブに弱い
だから今のビジネスモデルは徹底的に各論で積み上げている

二人を見て感じたのだが
20代は自分の強みをとことん伸ばす方がいい
なぜなら20代のビジネスマンは、何も持っていないから

中途採用はお似合い

カテゴリ:人材  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2006年8月27日

朝の6時に家を出て木更津のゴルフ場に向かう

6時位に千葉に向かうアクアラインを走るのが好きだ

ちょうど朝日に向かって行く感じが心地いい

2ヶ月に1度の割合で、経営者仲間と木更津方面へゴルフに行っている

ハーフを終了しお昼ごはんを食べていると、いつものメンバーであるベンチャーエントリーの辻口さんが採用論について語りだした

辻口さんはベンチャー企業専門の人材紹介会社を経営しているので独特の採用観を持っている

「新卒採用は憧れだが、中途採用はお似合である」

新卒は夢と憧れを持って就職活動をするので、形のないものに魅かれる

でも、中途採用は自分に似合うポジションを探す
社会の現実を知っているので形のないものだけではひきつけることができない
中途採用は、「自社にはここが欠けていて、ここが埋まれば強くなる」
と面接時に説明することが大事だと言う

仕事ができる奴ほど、自分の力を最大限に発揮できる場を探しているので
自分がもっとも似合う場所を選ぶそうだ

腑に落ちた

気づき

カテゴリ:人材  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2006年7月20日

4906638015.09._SCTHUMBZZZ_

デジパでは、リーダー職一歩手前のS3(職級)から
「7つの習慣」(スティーブン・R. コヴィー)の3日間の研修に行くことになっている

昨日からR君が参加しており
1日目の感想として以下のようなメールを送ってきた

効果性のルーツ:人格
信頼できる関係のバランスは 「テクニック・スキル + 人格」 から
デジパで行っている、コミュニケーションミーティングの先月FBで信頼関係を構築する際に、僕が最も重点を置くのはテクニックやスキルと伝えました。
仕事として信頼を構築するにはそこを抜きにして信頼関係がおけるかというと
?だったからです。
ただ、テクニックやスキルのみでも信頼関係がおけるかというと、それも違うということが効果性のルーツから感じ、
テクニック・スキル + 人格のバランスがより良い信頼関係を築くこと知りました
(以上抜粋)

この10年、テクニックに走る傾向がすべてのことにあると私は感じている
ベストセラーになっている書籍もそのようなものが多い

テクニックはある程度必要である
人と接するときは、「目を見て話す」「話を聞くときはうなずく」「人の話を途中で遮らない」「背筋は伸ばす」等
全て相手と共感を作り出すためのテクニックである

でも、ベースに人格がある
人格なきテクニックはしょせんは中身を隠すオブラートに過ぎない

これに気づいたR君の成長が楽しみです

成長は「気づき」から始まります


このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ