本文へジャンプ

2005年7月の記事一覧

ニューズ・ツー・ユーとのジョイントセミナー9月7日に開催

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年7月30日

先日、キリログPod castingにも登場してもらった ニューズ・ツー・ユーの神原社長とのジョイントセミナーを9/7に開催します。


≪スケジュール≫

■第1部 デジパ株式会社 14:30~15:15

講師: 桐谷晃司
『ウェブコンサルタントが語る インターネット販促戦略』
  1.ブログ-ビジネスプロモーションツールとしての活用法
  2.PPC広告-広告効果の最大化
  3.SEM-SEMによる複合WEB戦略

■第2部 株式会社ニューズ・ツー・ユー 15:30~16:15

講師: 神原弥奈子氏
『勝ち組企業のネットPR活用術~インターネットPRで企業は変わる』
  1.自社のホームページを「メディア」にする。
  2.ニュースリリースを活用することで自社メディアの読者を獲得する。
  3.社長の決意で会社をPRする。~社長ブログの効果~

参加頂ける方は、デジパのオフィシャルサイトよりお申し込み下さい

今週のテーマは価値観

カテゴリ:デジパ  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2005年7月29日

今週は、価値観という言葉が社内・社外で飛び交いました。
まず、採用において今週もたくさんの人から応募をいただきましたが内定を出せませんでした。
理由はスキルレベルではなく相性です。
恋愛と採用は同じで、好きか嫌いか、いっしょに楽しめるかどうかを私は大切にします。
そこに共通の価値観があるのですが、その絆を強めるためにデジパの「クレド」を作りました。
明日が納品なので今から楽しみです。

フィードバックトレーニングを今週から始めました。
新入社員に対して、先輩、上司が「成長」をテーマに自分が感じていることをその人のために伝えるのです。
初心者は、通常同じ壁にぶつかるので先人に乗り越えるコツを教えてもらうのが早道です。
経営者で哲学、歴史書の好きな人が多いのはここに訳があります。
昨日のフィードバックトレーニングでは、先輩のT君がH君に対して「おまえが好きなんだよ」には感動させられました。
このトレーニングは使い方を間違えると、悪口大会になります。
トレーニングのベースに思いやりが必要です。
これができるところにデジパの価値があります。

週始めに、イー・クラシスの担当者より「カスタムクリック」の事業を法人化しライブドアマーケティングに売却しました。
というメールをもらいました。
事業部を法人化し会社売却を果たすという最近のビジネススキームを使ったのです。
私は、会社を売却しないと心に決めているがそこには売れない価値が存在します。

「スピード感を落とさず価値観を守る」
これが私の経営者としての腕の見せ所です。

ポッドキャストの伝道師

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 1 件  2005年7月23日

004_05.gif

第22回キリログポッドキャストラジオは人気のポッドキャスト情報サイト、 「Podcast Now!」 管理人、JJ氏との対談でお送りします。(再生時間 : 約11分 / 15MB)

JJ氏は、日本のポッドキャストの伝道師とも言われている存在で、私が3月にポッドキャスト始めた時に、ポッドキャストの情報をどこで勉強したかというと、JJさんのウェブサイトだったのです。
私はポッドキャストを初めて体験したときに、あぁ…一般の人がラジオ放送局を手に入れたんだなぁと思いました。
今回は、JJ氏が弊社に訪問されたので逆取材してしまいました。

Podcast Now!はポッドキャスト情報サイトの草分けとして人気のサイト。ポッドキャストを初めて体験する人にもわかり易いよう、ポッドキャストの聴き方から自分の番組を配信する方法まで丁寧に解説している他、ポッドキャスト関連ニュース、トピックスなどを幅広く紹介している。

キリログポッドキャストラジオはこちらから

経営のステージ

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年7月21日

私の経営のアドバイザーである未来塾の岸野さんより以下のメールをもらいました。

会社のおかれてるステージによってアドバイスは大きく分けて3つになります。

創業期はなんといっても目先の売り上げ利益です。しかし会社を創って早々に売り
上げが上がらないので・・では、あまりにも創業前の市場分析不足ですね。
でも創っちゃったんだからしょうがない(笑)ので、BtoBの場合は徹底的に縁故まで総動員し
て営業営業です。
先日未来塾でやったプレゼンやりまくりで無我夢中ですね。
BtoCの場合は余剰資金(といっても少ないでしょうが・・)を一番効率の良さそうな媒体を必死で探して、投資対効果をみて少しでも効果があったらそこの深堀です。

成長期は創業期で培ったマーケティングや営業力を”方程式”にもっていかなくてはなりません。
それと利益に少しでも余力がでたらライバル社との差別化に利益がでた半分は投資するんです。
大概大成功しない経営者はこの利益を下手に守っちゃうんだよね。(なかには遊んで使っちゃう方もいますが・・笑)
儲かる売り上げがあがる”方程式”といっても段階があります。
創業期にありとあらゆる試行錯誤しながら売り上げ努力をしたなかでも効果的であったやりかたをみつける段階と会社に底力(金と人)がついてきたら日頃策を練ってきた(日頃社長はこれをいつも考えているはずです・・)売れるだろう大手のとらないマーケティング手法で思いっきり勝負するんです。

成熟期では会社の”戦略””理念”が一番重要になってきます。
つまり”我が社はその業界で日本一、世界一になる”のか”MAで売っちゃうか、はたまたMAで買い続
けてナンバーワンにもっていくか。
あるいは最強の2番手戦略(これはケーズデンキ加藤社長の戦略です)でいくか、隙間ビジネスながら誰もが参入できない領域にもっていくか。
その前に会社の価値(IPO、リバースマージャーなどで会社に値段をつけといたほうが良いと思いますが・・)をある程度にしておかないとあらゆる選択はしずらいですが。
この段階にきたときに気をつけないとならないのは”客観性”ですね。
自社の位置づけ、社長や幹部の器量を冷静に分析できるかどうかです。
皆さんの会社は果たしてどのステージでしょうか?
経営の課題は大概尽きないものですが、言い換えれば”開き直れば””なにか捨ててもいいのなら”問題解決はすごく簡単なんです。
問題発生の大元は社長の心のなかにあるのですから。

自分にとってすごくピンとくる内容でした。
ちょうど成長期に入り、どかんと勝負に出れるステージだからでしょう。
最近、究極のジャッジメント、選択の場面が増えてきました。
自己評価では、8勝2敗ですが不思議と迷うということがほとんどなくなりました。
価値観、生き方が明確になったからですね。
40代にして迷わずです。

Vodcast第4弾

カテゴリ:社長  コメント 1 件  トラックバック 3 件  2005年7月12日

「Vodcast」の第4弾としてグローバル・ファイナンシャル・サポート社長 品野修三氏との対談をお送りします。映像と同時に音声ファイルのみをPodcastで配信しています。

品野氏は10代より起業を考え、英会話学校、広告代理店など多数の起業を経験。40歳での大病をきっかけに資産運用を勉強し、平成14年グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社を創立した根っからの起業家。

グローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社はレジャーホテルのオペレーション事業と特殊用途不動産を対象としたファンド組成事業で注目を集めるベンチャー企業。ホテルオペレーションでの資産運用ファンドを中心に、さまざまな金融総合サービスを提供。

対談で過去をさかのぼっていくと、私が関西で学生だったころに活躍していた学生起業家で今は上場企業の経営者になった共通の人の名前が出てきて、面白かったです。

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ