本文へジャンプ

2005年1月の記事一覧

カリブ旅行記

カテゴリ:  コメント 0 件    2005年1月26日

1_009.jpg
メキシコのカンクンよりハバナに向う
飛行機を見て驚き、国際線だというのに日本のローカル線より小さい
恐るべしキューバ航空

2_043.jpg
3_15.jpg
4_014.jpg
ヘミングゥエイが昼間からモヒートを飲んでいた Barボギータ

5_044.jpg
7_026.jpg
7_026.jpg
キューバ革命を起こしたチェ.ゲバラは今でも英雄です

8_034.jpg
9_017.jpg
旧国会議事堂はアメリカのホワイトハウスをモデルにしたもの
それが経済制裁を行う関係になるとは皮肉です

10_022.jpg
11_021.jpg
やはりキューバにもあった中華街
でも、なぜかチャイナ服の女性が中国系ではない

12_002.jpg
13_003.jpg
14_047.jpg
15_048.jpg
16_016.jpg
17_035.jpg

キューバより生還しました

カテゴリ:  コメント 0 件    2005年1月25日

024.jpg


キューバより帰ってきました。
初めてキューバに行ったのですがやっぱりラテンの国です。
ハバナの町全体が踊っていました。
タクシーに乗っても、レストランに入っても、家の中からもサルサやメレンゲが聞こえてきます、子供が踊っています、町がリズムを取っている感じです。
私は、一年に一度は一人旅をします。
昨年はモロッコを旅しました。
今年はキューバだったのですが
「アメリカの経済制裁を受けながらなぜ40年間カストロ政権が続いているのか」
「放浪作家、ヘミングウェイがなぜ最後にハバナを選んだのか」
「なぜキューバがカリブの真珠と呼ばれているのか」
それを自分の目で見たかったからです。

異文化に接することにより自分の内なる声をたくさん聞きました。

起業家になりたいという学生がデジパを訪問するケースが多いですが、起業家の志向には大きく分けて3タイプあります。
「名誉志向」「金志向」「自由志向」です。
それでいうと私は「自由志向」が強いようです。
好きな時に旅に出て、見てみたい国に行くということに20代より大きな憧れがありました。
26歳で採用支援企業「㈱ワイキューブ」を立ち上げ、今まで合計3社の会社を立ち上げました。デジパは3年前に「ネットのプロモーション企業」としてスタートさせましたが方向的には社員から社長を輩出する「ネットのインキュベーション企業」へと向います。

一人旅のいいところは自分の内なる声が聞こえるところです。

旅は私にとって瞑想ですかね(笑)

カリブ海を旅してきます

カテゴリ:  コメント 0 件    2005年1月 8日


明日から、しばらくカリブ海を旅してきます。
メキシコのカンクンを経由してキューバのハバナに取りあえず向います。

ハバナといえば作家ヘミングウェイが最後に住んだ町で「老人と海」を書いたことで有名です。
実はヘミングウェイは放浪家で世界を旅して最後に選んだ国がキューバなのです。

キューバは音楽の楽園でサルサの発祥地でもあります。

いつもどおり、予定もホテルも決めないきままな一人旅です。

一人知らない国に降り立ったその瞬間が好きです。

いくつになっても冒険と自由が肌に合うようです。

そんなわけでしばらくblogはお休みします、帰国後のカリブ話にご期待ください。

成功報酬型サービススタート

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件    2005年1月 6日

今日から仕事始め。
SEMチームに新メンバーも加わり社内に新鮮なエネルギーが流れている。
新人が入ると社内の空気が活性化されるのを]感じる。
さて、デジパは今年から成功報酬型サービスをスタートさせた。
これは、クライアントのサイトを企画、運営からプロモーションまでを任せてもらいそこから上がった売上の一部を成功報酬として頂くというサービスである。
まず、第一号として経費削減のコンサルティング会社のリライオンと契約をした。
リライオンは通信費、オフィス賃料、公共料金、保険代を‘経済合理性’という観点で専門的に調査・診断し独自の豊富な事例・データベースを元に経費の適正化(契約書の合理化)を効率的に実現させる「経費削減」のスペシャリスト企業である。
新年からさっそくニュースにも取り上げられ、問い合わせの電話を頂いた。
05年、幸先の良いスタートダッシュをきった。

ワクワクシート

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件    2005年1月 4日

wakuwaku.jpg

お正月を大阪で過ごし3日に東京に戻ってきた。
帰りの新幹線で雑誌を持ち込み月刊誌「プレジデント」を読んでいた。
そこで見つけた「夢を達成する365日の使い方」というテーマで書かれていた大前研一さんとワタミフードの渡辺社長のコメントがそれぞれおもしろかった。

2人とも結論は時間の使い方である。

大前さん曰く
人生を変える方法は「つき合う人」「自分の環境」「時間の使い方」いずれかを変えることである

渡辺さん曰く
「夢に日付を入れろ」
「それを手帳に書き込み毎日眺めて、達成したものから消しこめ」

私は、年初に「ワクワクシート」という書初めを毎年行っている。
そして、それを一年間自宅のリビングにはっている。
これは、自分の「夢」や「これが実現したら幸せ」と思うものを1年と5年に分けてビジュアル化している。
テーマはそれぞれ6つ。
「ビジネス」「家族」「資産」「趣味(健康)」 「教養」「社会貢献」

40年間生きてきて自分のHappyを6つに定義分けした。
どれが掛けてもバランスを崩す。
「お金持ちだが友人がいない」
「社長にはなったが趣味の時間がない」
「健康で時間もちだがお金がない」

夢は文字化、ビジュアル化すると達成しやすい。
少しのコツで人生は大きく変わる。
今年も一年、「ワクワク」して生きていきたい

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ