本文へジャンプ

「エネルギー」カテゴリの記事一覧

「気」のあるものを食べる

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2017年2月 8日

??.jpg

醤油を作り始めて6年目になりました
ちょうど、寒冷のこの季節に、約10か月発酵させた醤油を絞ります
今、大半のメーカーの醤油は、1~3か月と短期間で製造するため、本来の発酵食品として効能が少なくなってきています
日本は、元来、発酵食品の国です
納豆、漬物、みそ、日本酒、醤油など
自然酒で有名な寺田本家23代目当主で「発酵道」の著者でもある寺田啓佐氏は、微生物の体に与える重要性を説かれ日本人の長寿のポイントであると語られた
約10か月発酵させた醤油を一升瓶に詰めておくと、数週間で栓が発酵のエネルギーで飛びます
生きた微生物が、そこにいることをまざまざと感じさせられます
しかし、残念ながら市販の醤油では、ほぼこのような現象は起きません
1970年代の私が幼少期の醤油は、冷蔵庫に入れずに空気に長時間触れていると、白い産膜酵母が発生しました
それは、醤油が生きている証拠なのです

最近、うつ病が増えたり、男子の精子の数が減ったりという現象が起き、「現代病」と言われていますが、生きたものを食べる機会が減ったことが一つの原因だと私は考えています
体の「気」を高める方法を研究し続けていますが、一つは「気」のある生きた食べ物を食べることです
寺田啓佐氏が生前、「発酵とは変化することで、発酵が止まると腐敗が始まる」とおっしゃられていました
体は食べ物で出来ているので、何を食べるかで人生は変わります

*ココロザスでは企業内起業家を募集しています

波動を合わせる

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2015年5月 7日

??????.jpg

先日、館山での3ヶ月間の起業塾を終えた
「モチベーション維持」「マインドをいかにキープするか」という心のテーマがやはり一番興味を持たれ多くの質問を受けた
これは、起業家でなくても万人に共通するテーマである

講義の中でレクチャーしたのは、みんなボディを持っていて外部環境と接しているので一定リズムではないということを認めようということだ
プレゼンが上手くいってテンションの高い時もあれば、クライアントにボロクソに言われてテンションが一気に下がることもある
「陰陽の法則」
陰があるから陽がある
朝があるから夜がある
これは、学生時代に小原仁さんに教えてもらった言葉だ
当時は、わからなかったのだが、最近、少しわかるようになってきた

ここで一番大事なことは、テンションが下がっている自分を認めて愛することである
そこで自分を慈しむとヒーリングが起きる
ここで「何で俺はだめなんだ」「俺って弱すぎる」等と、自分を叩いてしまうと、自分の中で戦いが生まれる
これは、エニアグラムを日本に持ち込んだセラピストであるティムマクリーンも先日同じことを語っていた
「自分を愛することが一番大事で現代人は、自分を叩きすぎている」
(著作「エニアグラム自分のことがわかる本」


次に、ツールを使って回復を促進する方法がある
「音楽」や「言葉」である
私は、「音楽」を使うことが多い
iphoneに、好きなスペシャル音楽を入れておき、それを流す
(これは、自分の好みで何でもいい)
人は、習慣の生き物なので、それで自然にスイッチが入る
プロアスリート等は、音楽でスイッチを切り替える習慣の人が多い
次に、「言葉」は、座右の書をマントラのように唱える
「われ生を得るは進化向上を現実化させるため」
「私は私の背後に宇宙霊のあることを信じて何者をも恐れぬ」
(以上、中村天風)
これもどんな言葉でもよくて自分が好きな言葉で、それを唱えると「気」があがるもの

自分の好きな、「音楽」「言葉」には、その人の合う波動があるので、そこに共鳴しやすい
高い波動のものに合わせると自分の波動を引き上げてくれるお手伝いをしてくれる

今日は、8連休のGW明けなので、会社に行って波動を上げるために、まずやったことは、ネイティブアメリカンが浄化のために使うセージを炊いて、フラワーエッセンスを室内に噴いてみた
フラワーエッセンス等は、臭覚に訴えることができるので、ツールの一つとしておもしろい

生まれて初めてのタイヤバースト

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2011年9月14日

ishinomaki%20002.jpg

石巻の被災地支援の帰り道、川口ICの200M手前で右前のタイヤがバーストしました
2トントラックを運転していたのですが、川口ICの手前で時速を50キロ程度に落し右車線を走っていたので右路肩にトラックが支えられ事なきを終えました

もし、左前のタイヤがバーストしていたらトラックは横転していただろうし、平均時速100キロで走っていたので川口ICの手前でなければ事故になった可能性もあります


生まれて初めてのタイヤバーストだったのですが、人生においてはこのような経験が幾度もありました

その度に、生かされているのを感じます

震災以後は毎月、石巻に行っているのですが亡くなられた方と生き残られた方は紙一重だといつも感じさせられます

今、生かされているのは、何かのお役目があるのを実感します

被災地支援も半年が過ぎ、求められる内容が変化しています
ライフラインは、ほぼ復旧したので自立支援が今の私のテーマです
店舗、工場を無くされた方々の商品を安房の国で販売するスキームを作り始めています

9月18日の石巻支援でスキームを固めてみます

今回のバースト体験で、コツコツとでも自分のお役目を全うしようとあらためて決意しました

ishinomaki%20001.jpg


被災地の宮城県石巻市より戻ってきました

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2011年3月23日

%E7%9F%B3%E5%B7%BB%20002.jpg

%E7%9F%B3%E5%B7%BB%20003.jpg

%E7%9F%B3%E5%B7%BB%20001.jpg

被災地の宮城県石巻市より戻ってきました

本当に、地獄の爪痕のような光景でした

仙台空港の北、若林区では町が流されてしまったような光景があり、石巻市でも港の船が道路まで押し流され電信柱を押しつぶしていたり、田んぼの真ん中まで車が押し流されていたり、本当に信じられないよな光景が続きます
神戸震災の時も被災地も経験しているのですが、今回は桁が違います

石巻市で拠点を構える「め組ジャパン」の要請を人づてに聞き、食料と日用品を南房総で集め救援物資を運びました
活動拠点になっている、石巻専修大学には、NPO団体、ピースボート等のスタッフが懸命に救援活動していました
モンベルの創業者である辰野会長も来ておられ、「アウトドア義援隊」を結成されていました
全国各地から支援物資と応援隊がやってきており、現地の人々といっしょに懸命に支援活動している姿には本当に勇気づけられます

緊急車両通行許可証は、館山警察で申請を行いましたがその場でおりました
あわ地球村がNPO法人なのでその場で発行されましたがNPO法人、行政機関でなくても緊急車両通行許可証は発行されるようです
目的が明確であれば、その他でも発行するとのコメントでした(この辺はおそらく基準がないような雰囲気です。地元警察に問い合わせてください。)
東北自動車道は3月22日現在、宇都宮からの北上は、緊急車両通行許可証がなければ通れません
東北自動車道の宇都宮以北、ところどころ道に亀裂は入っていますが問題なく普通の車で走行が可能です
亀裂の入っている箇所には事前に注意サインが出ています
このあたり、日本人の繊細さを感じます
私たちは、帰路のガソリンも積んでいきましたが、インターチェンジでの給油も可能です(現地のガソリンスタンドでは、2キロ、3キロの行列があたりまえに出来ています。現地で、ガソリンを手に入れることは困難です。)
当然、道はガラガラです

神戸の震災時と違い、道路に規制がかけられているので宮城県石巻市だけを見ても圧倒的に人が足りないし、応援できることがたくさんあると感じました
応援物資に関しては、日に日に足りないものが変わっていくので現地避難所との確認が必要です
例えば米など調理の必要なものは、もう少し先の感じがします
ライフラインが整っていないので、すぐに食べられるものの方が現時点では喜ばれます
私の回った全ての避難所でリクエストされたものが、すぐに食べられる食料と下着(男女問わず)でした

余裕のある方は、ぜひ応援に行ってあげてください
放射能の問題もあるので、もちろんすべて自己責任でお願いします

被災地を見て復興への道の険しさを改めて感じさせられましたが、今の混乱はいつの日か収まります
そして、混乱が収まった時に、自分がどこに立っていて、どんな日本のビジョンを持っているかが大事だと思います
震災前の日本に戻したいと私は思いません
少々不便で物が足りなくても、安心してこの国で生きていきたいです
エネルギー政策、食料政策、街づくり、地域の仕組み、もう一度新しい計画を作り出し、経済的豊かさだけではなく、心豊かで、安心して生きていける国つくりのために活動していきたいと思います
日本は逆境に強い国なので、再生し、新しく蘇ることを私は確信しています

宮城県の石巻から帰ってきましたが、思ったより人々が元気だったので安心しま
した

被災していない地域の人は、笑顔と元気だけは出しましょう
今は、それが一番大事だと思います

ベトナムのいけてる日本人ビジネスマン

カテゴリ:エネルギー  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2008年5月24日

R0011731.JPG

ホーチミンで、すごい日本人ビジネスマンに会った
直原由樹夫氏(三谷産業 海外事業部貿易部 部長 兼 AUREOLE MITANI CHEMICAL AND ENVIRONMENT INC. General Director)

三谷産業の会長が92年にベトナムに視察に来てベトナム人の「目付き」、あるいは南のエネルギーにチャンスを感じて進出を決定した
ただし、当初はテスト的なJVを一社作ったのみだった

本格進出は、ケミカルでの進出でグループ会社の最初の1社である
その工場設立資金は約2億円
このグループ会社の設立においては、直原氏が2億円の予算を獲得したということだ

進出したケミカル事業は大当たりで、資本投下した2億円を約11ヶ月で回収した
1年以内に黒字化し、現在のケミカル事業の売上げは8億円を超え、以後CADオフショアやITオフショア事業でも黒字化をしていっている

直原氏は、今や、ホーチミンでは、知る人ぞ知る、伝説の日本人ビジネスマンだ

直原氏にベトナムのどこに魅力を感じるか、とお聞きしたら

・寒くないところ(落ち込んだりする必要がない。いつもエネルギッシュ)
・明暗がくっきりしている南国独特の雰囲気、つまり、人間も街もすべて「明」と「暗」がくっきりしているところ
とおっしゃっられた

また、ベトナムで成功したポイントは何ですか、とお聞きしたら

「僕は毎日少なくとも20時間は働いていました。この国で普通に8時間働いているのでは、皆さんと同じ能力しかないとして、同じだけの成長率になるしかありません。そこでわたしはその3倍近くの時間を費やして働きました。それでも、成長は2倍くらいしかできないんですけどね。」
とおっしゃっられた

世界のどこに行こうが、何かを成し遂げる人は共通部分を持っていると感じた

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ