本文へジャンプ

2009年2月の記事一覧

伊豆研修

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2009年2月17日

CIMG4278.JPG

先週末は、2泊3日で伊豆高原へ営業チームを中心に研修に行ってきました
ファシリテーターをC+Fさんのティムと高岡さんにお願いし、春を思わせる伊豆を楽しんできました

今回の研修テーマの一つとして
「自分の持っているビリーフ(固定観念)を知ることにより、思考の幅を広げる」
というものがありました

最近のニュースを見ているとネガティブなものが多く、社会がそのエネルギーに引っ張られているような感じがしています
そうすると社内も今までに比べて個人、チームともに「未来に対する不安」「モチベーションダウン」が起きはじめました
もっとも経営者レベルでもそうですから若い人達は、当然だと思います(自分自身も含めてです)
でも、物事には常に2極があります
陰と陽、プラスとマイナス、月と太陽、夏と冬、交感神経と副交感神経、などなど

不動産業界の倒産が相次いでいるが、不動産価格は下がり安い住宅が今後供給される
ワークシェアリング、生産の減少により休日が増えればプライベート時間が増える
既存車が売れないから、クリーンエネルギーのエンジンが開発される

資本主義経済、アメリカドルのピークが過ぎた最近、そこのビリーフ(固定観念)にしがみついていると新しい考え方に移行しづらいです

2日目には、バイロンケイティのワークを実施しました
やり方は、以下に書いたような簡単なものです

4つの質問:
1、それは本当でしょうか?
2、その考えが本当であると、絶対に言い切れますか?
3、そう考えるとき、あなたはどう反応しますか?
4、その考えがなければ、あなたはどうなりますか?
→ターンアラウンド(相手に対する考えを置き換えてみます)

「こうでなければならない」という固定観念が自分自身を苦しめている
私も、メンバーといっしょにワークをしたのですが、自分の劣等感、役に立たないプライドがでてきてそれをメンバーにシェアすることにより月曜日の今日は、ちょっと楽になって出社できました

今日は、ケイティワークを一人で電車に乗りながら怒りや不快に感じたことを自分で書き出してやってみました
このワークは、自分の固定観念を揺さぶってくれ、ちょっと生きるのが楽になるかもしれません
しばらく続けてみます

カヤックの合宿

カテゴリ:社長  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2009年2月12日

blog01.jpg

先日、カヤックの柳澤さんとお昼ご飯を食べに行った
そこで、今年の1月のカヤックの合宿話を聞いた
『不況で、カヤックが倒産するかも知れません。その時、どんな倒産の仕方ならカヤックらしいか考える』っていうのがテーマで新卒の社員もいたので、「エエーー!」という顔をしたそうだ
「会社の葬式をやりましょう」とか、「社員売り出しセールス」とかの案が出たそうだ、解散したら社員はみんなどこか違う会社に行かなくてはいけないが、その時に、企業の価値が高ければ、あの会社出身っていうことで自分の価値にもつながる、そんな部分を大切にしたいと彼は言っていた

先月、ある経営者が「以前デジパで勤めていたYさんをデジパブランドで採用しました」と言われたのだが、「デジパブランドって何ですか?」と聞くと「少数精鋭で、チャレンジスピリッッツがある」
と言われたときは少し嬉しかった
社長として、デジパを辞めましたが転職先がありませんでしたというのはあまりにも悲しい

柳澤さんが、「雇用を守るのも社長の責任かもしれないですけど、次に就職しやすくするっていう、そっちの責任の果たし方もあるかな」と、言っていたが
「雇われない生き方」というテーマを創業以来の経営方針にしてきたがデジパという会社に関わっている間、メンバーが自己成長を続けているということを実現させる
それも、社会責任かなと柳澤さんと話していて感じた

21世紀の医療テーマ

カテゴリ:スピリチュアル  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2009年2月12日

IMG_2951_blog.jpg

「SQライフ」が後援する「心をみつめ、いのちを見守る愛ある医療とは」~現代医療よ、魂を語ることを怖るるなかれ~が、世田谷区民会館ホールにて開催された(もっとも、後援といってもウェブサイトで集客を手伝っただけなのだが)

おせじにも著名人が集まったイベントではないのだが800人を超える人が参加してくれた

生きていれば誰でもが経験する病や老いや死、あるいは人生の困難、苦難、試練を「魂の目覚め、魂の成長・進化」の機会にし、本当に自分の魂が歓ぶ生き方に歩み出そうとする人たちをどうサポートしていけるのか、死を包含した生をどう生きるのか。
そして、人生の試練を大いなる存在からの贈り物にするにはどうしたら良いのか。患者も医療者も共に幸せや安心を感じられる、より良き医療とは何か、西洋医学だけに囚われない「新しい医療」への道を開いていくには何が必要なのか・・・。
このようなテーマを患者、元患者、患者の家族、医療者、このテーマに関心のある方々が、同じ目線で、対等に話しができる場、考える場をつくるというのが主旨で開催され

講演:鈴木秀子(国際文学療法学会会長・国際コミュニオン学会提唱者・文学博士)

櫻井秀真(地球マネジメント学会評議員・元患者)

岡部明美(ワークショップ・トレーナー/セラピスト/東海ホリスティック医学振興会顧問/元患者)

伊東充隆(医師/セラピスト/青空禅フォーラム主宰)

堀エリカ(看護師/医療コーディネーター)

ライブ:コクーン(ママさんユニット)

で盛況中、終了した

イベント終了後の懇親会で多くの参加者と話したのだが、精神科医に行ってもうつ病は治らないと感じている人の多さ、このテーマ(魂の成長・進化と病気との関連性)に関する現代人の関心度の高さを感じた

医師である伊東充隆氏の講演の中で印象的だったのが

「死を一番怖がっているのが医師である」

20世紀の医療テーマは「抗」、例えば、抗癌剤、抗ウツ剤
21世紀のテーマは「共生」であるという、病といかにいっしょに生きれるかである
生き方が悪いから病になるんだいうメッセージを与える考え方も増えてきたが、そうすると患者は自分が悪いんだとレッテルを貼ってしまう

「共生」は、経済界においても21世紀のテーマであると私は考える
カーシェアリング、ワークシェアリングという言葉が経済紙を賑わすようになってきたが「共生」という生き方を模索してみたい

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ