本文へジャンプ

2006年9月の記事一覧

「SQ Life」のめざすもの

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年9月29日

精神的進化を通して自分自身の可能性を開くサポートを実現させるという目的で「SQ Life」を本日、デジパで開設しました
SQの普及により資本主義社会が物質的豊かさだけでなく、精神的豊かさを手に入れるお手伝いをしたいと考えています

私が少年時代、近くの神社にある大木が大好きでその木に体を預けるとすごく心地よかったのを鮮明に記憶しています
古来、先人たちは何よりも自然に敬意を払い万物には精霊が宿っていると信じ目に見えない心と体を癒してくれるスピリチャルなエネルギーの存在が信じられていたのです
多くの神話、伝説がその土地、土地に今でも残っておりそれが住む人々の心の支えになっていました

私自身が、そんな目に見えないスピリチュアルなエネルギーを求めて20代は世界を旅して回りました

そして精神性を求めていくうちに自分が持つスピリチュアルなエネルギーをいかに現実の生活に活かしていくかが、いつの日か人生のテーマとなり自分の可能性を開き自分自身を進化させていくための大きな要素となっていました

「スピリチュアル」というテーマに関しては、トランスパーソナル学会等の学術的認知がされているものの、一般向けに情報を伝えている媒体は個人活動の領域を超えるものがなく、世の中は「精神性」「スピリチュアル」に関する書籍のベストセラー化現象が出はじめていますが、やはり特殊なものという認識があるというのが現状です

しかし最近では、ビジネス界においてもApple社CEOのスティーブ・ジョブズがスピリチュアリティを高めるために座禅をしていたことが話題になったり
Tinberland社の経営者が1日2回瞑想することがNews Weekで取り上げられたりとビジネス界でも「スピリチュアル」が注目を浴び始めました

私たちは、特殊な人ではなく一般の人々がビジネスや実生活を通してスピリチュアルを高めることにより、より人が進化していくためのヒントを提供したいという思いで「SQ Life」を立ち上げました

「SQ」とは、“Spiritual Intelligence Quotient”です
つまり、「精神の知能指数」です

4つめのQ

カテゴリ:スピリチュアル  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2006年9月24日

10月に開催される歩け歩け100キロのための練習を今日から始めた
まずは、行きつけの西荻窪の美容室を目標に18時30分に自宅をスタート
恵比寿、代官山の洒落たカフェを通り過ぎ、山手通りから環7、高円寺陸橋、青梅街道を抜け
目的地到着21時36分、約18キロを歩く
かれこれ7年通っているこの美容室は完全予約制だが夜中でも受け付けてくれ、しかも一人でやっている
この美容師さんと話をするのが好きでほぼ毎月通っている
もっとも今回は、21時30分に予約をしていたので遅刻ですが

さて、スティーブン・R・コヴィーは著書「第8の習慣」で上手く生きるために4つのQがあると語っている
IQ、EQ、SQ、PQである
最初の3つのQに関しては度々、このブログで書いているので省略するが
PQとは 肉体的インテリジェンスである
サイコセラピーの世界でも近年ボディを扱うものがポピュラーになり肉体性と精神性のバランスを取ることにより統合の方向へ向かうという理論のものが増えている
「地に足がついている」という諺があるように人間の体を支える「脚」は「PQ」におけるポイントであると私は考えている
脚はグラウディングの役割をするので、脚に関するトレーニングを特に重視している

人は、イベントをつくり出すと楽しくトレーニングできるので歩け歩け100キロをデジパの公式イベントにした
今年は、社内から10名がランナーで7名がサポート参加
このブログを見た私の高校時代の友人たち数名も初参加というオマケつきです


博多のタクシー

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年9月23日

昨日から、SQLifeの打ち合わせで博多に来ている

博多は、私にとって一番好きな都市だ
転勤族が博多に異動したことをきっかけに永住する人が多いのだがわかる気がする
まず、生活バランスがいい
都市サイズが小さいので通勤時間が30分以内という人が大半である
つまり不動産が安く持ち家率は他の都市に比べて高い
不動産価格が安い場所は生活が楽である
そして人に対して関わろうとする関係性が濃い
(良い意味での村意識が残っていると表現すればいいのだろうか)
極めつけはご飯が安くておいしい

そんな博多にトマト交通というタクシー会社が3年前に規制緩和を受けて設立された
初めて乗った時にあきらかに他のタクシー会社と違うのを感じた
・挨拶がいい
・運転者さんが帽子をしっかりかぶり凛々しい
・自分の仕事に誇りを持っているのを感じさせる
・車両は普通だが清潔である

今日も偶然、トマト交通のタクシーに乗ったので教育と採用の仕組みに関して質問した
まず、経験者をほとんど採用していない
この業界の経験者に接客という概念を教えても理解できないからだそうだ
入社したら、接客という概念を先輩が同乗し徹底的に教育する

これは、離職率の高いタクシー業界ではおそらくよほどの経営意志がなければ実行できない長期戦略である

これを実行して成功したのが京都に本社を置くMKタクシーで、タクシー運転者という職業にプライドを持たせた会社として有名である
数年前、東京にも進出したが人気が高く予約を取るのに苦労する
私も、MKファンの一人である

教育は時間のかかる経営戦略であるがここに力を入れるとファンが増え、世の中を良くするとトマト交通のタクシーに乗って感じた

SQ 魂の知能指数

カテゴリ:スピリチュアル  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年9月21日

4198613117.09._SCMZZZZZZZ_.jpg

ダナー ゾーハー、イアン マーシャル著の「SQ 魂の知能指数」はスピリチュアル インテリジェンスを理解するのにはお勧めの一冊である


私が大学で心理学を専攻していた80年代当時は
東洋の英知である禅やヨーガ、チャクラ等は心理学の世界では一切触れられていなかった
しかし最近、心理学関連の著書でも随分東洋の英知が触れられていたり、欧米から来日するボディサイコセラピーのセラピストもチャクラ、ヨーガ、瞑想を扱うセラピストが増えた
1990年代の中頃、ダニエル・ゴーマンが「自分や他人の感情」を意識の中に知恵があると書いた
「EQ」に関する著書は「IQ」だけでは解決できないものも多いという考え方を世の中に広めた
コンピューターはIQが高い
動物は、EQが高い

EQとはわかりやすく言えば「場の空気を知る」つまり相手の感情を感じる能力であると私は考えている
言葉は怒っていなくても相手の感情で怒りのエネルギーを感じる能力はEQである
それに対して言葉を分析する能力はIQである

ビジネスマンの燃え尽き症候群、鬱病が社会的問題になっており、
自分のコアな部分といかにコンタクトをとるかが現代の大きな課題になってきている
著者ダナー ゾーハーは、そこで第3の「Q」であるSQの存在を打ち出している
精神的知能であるSQ(スピリチュアル インテリジェンス )を高めることは、自分を癒すこと、
自分を広げることにつながると語り
自分の中心に触れそこを広げることにより人としての可能性を伸ばすことができると書かれている
フロイトは、人格を形成する原理はエゴであると解いたが現代の心理学にはSQという概念はない
しかし、欧米でも東洋の英知である瞑想、ヨーガ、禅を精神性を高める手法として多くの人が取り入れ「空」の豊穣さや心の「静寂」
にフォーカスを向ける傾向が高まっている
著者はハスの花モデルを使って、西洋の心理学、東洋のチャクラ、宗教の神話、量子力学等を上手く使って第3の「Q」である「SQ」の重要性を解説している

紙メディアとの時差

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年9月20日

今週の日経夕刊はWeb2.0の記事と広告だらけです
ここ2週間特に目立ちます
この背景には何があるのでしょうか
もちろん、mixiの上場です

先日、あるコンペのブリーフィングに行ったら担当者の方にWeb2.0のサイトにしてほしいとリクエストされました
理由を聞くと社長からの指示ということで担当者も理解できていません
まさに言葉の一人歩き

でも、紙メディアとインターネットの世界の時差が縮まってきているのは確かです

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ