本文へジャンプ

「時流」カテゴリの記事一覧

デフレの時代の波が変わった

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2014年5月30日

総務省統計局が発表している消費者物価指数が上昇している
2014年3月は、前年同月1.6%アップで月次で見ると2013年6月から上昇を続けている
街中を見渡しても、人手不足のため牛丼「すき家」が一時32店舗を閉めたり居酒屋チェーン「ワタミ」にいたっては60店舗を閉鎖した
それと同時に人手不足を背景にアルバイトやパート求人の時給が上昇しており求人情報サービス各社の調査では、昨年12月の平均時給は前年を上回り、平均1千円に迫るという
3大都市圏の時給が過去最高となった調査もある
今、安い賃金で人を雇いスケールメリットで収益を出すというビジネスが成り立たなくなり始めたのだ
20年近く続いたデフレの時代が終わりを告げ、少子高齢化と物価上昇に対応していく時代に突入したと言えるであろう
デフレの時代は、お金の価値が上がるので大手企業はひたすらリストラでコストカットしていけば利益が出たので、
新しいものを生み出さずとも経営が成り立った
更に金融緩和によりゼロ金利が続いたので、タダみたいな金利で大手企業は資金調達が可能だった
だが、この低金利もそろそろ雲行きが怪しくなってきている
2014年3月での日銀の貸借対照表によると、総資産246兆円のうち204兆が国債でその内159兆円が10年以上の長期国債である
日銀の10年以上の長期国債資産推移を見ると、2003年年10月63.4兆円、2012年10月64.3兆円、2013年10月128.9兆円
2013年4月に横浜銀行頭取の寺沢氏は横浜市内で開いたアナリスト説明会で、満期までの残存期間が5年以上の国債を全て売却し、売却益を確保したことを明かした
これは黒田日銀総裁の異次元の金融緩和の結果だが、日銀が金融機関の長期国債を引き取り国債の最終処分所となっている
今後、長期金利が上がり国債が下がる見るのが常套だが、これからはお金の価値が下がり始めるので攻めの経営をして新しいものを生み出す必要が出てくる
大手企業も調達金利が上がれば、前期のような利益の出し方が困難になる

アメリカに70年間赤字になったことがないパッカー社というナスダック市場に上場している大型トラックメーカーがある
「世界一のトラックを作る」が経営理念なのだが、ここでの「世界一」は世界最大という意味ではない
顧客にとっての「世界にたった一台の大型トラック」という意味なのだ
一度トラックを販売したら、その顧客が買い換えるための次のトラックの改良点を5年かけて徹底的に仕込む
そうすると顧客は、パッカー社以外のトラックを買えなくなる
痒いとことに手が届くトラックが出来上がるからだ
だが、これを実現するためには、他のメーカーより数多くの部品を持つ必要があり、社員の熟練度も求められる
パッカー社の経営のポイントは、①社員の業績評価を3方で行い3ヶ月変えて実施する ②ジョブローテーションを行う ③枠をつくらない
「熟練度の高さ」を上げることにより勝負を決めてる
まるで、1980年代世界から「JAPAN IS NO1」と言われていた日本の経営方針に近い

グローバリゼーションという言葉に乗っかり30年になるが、温故知新の日本的経営を見直す時代になった
安い労働力を使った経営では、中国、他のアジア諸国と同じ土俵に乗ることになるからだ

これからの中小企業は、本来の技能、おもてなし精神に基づいた、オーダーメード型の経営が必要になってくるようだ

ハイブリッドに生きる

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2013年3月25日


人生で4度目の米つくりが始まった
昨年度に収穫した、種籾を水に付けて発芽させたものを苗箱に種まきをする
ビニールハウスの中で、プールのようなものをつくり稲苗を5月上旬まで育てて田植えに備える
プール育苗というやり方をする人が最近は増え始めたのだが、水の管理が楽なので私のように専業農家でない人にはピッタリな「楽チン農」なのだ
農に関しては常に「楽チン農」を模索し続けてきた
半農半Xという生き方を目指してきたので、苦しみながら農をやるのでは自分のバランスが保てないからだ

最近、デジパでは副業を持つ人が増えている
私が、自給自足型のコミュニティつくり「あわ地球村」、ディレクターのW君夫妻とH君夫妻は葉山で植物に囲まれたショップ「すこし高台ショップ」、
ウェブコンサルタントのU君は多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスのライフスタイル提案「YADOKARI」、デザイナーのKさんは「ビーズクリエイター」、役員のK君は「執筆活動」、などなど
この3年、ハイブリッドに働くメンバーが社内社外に増えている

ハイブリッドに働くというのは一つの時流だと考えていて日本が成熟社会に達した現在、ワークスタイルが一律ではなくなった


2008年にリーマンショックが起きて雇用に対する救済策として政府が、ワークシェアリングを奨励し採用した企業に補助金を出した
もともと、ワークシェアリングという考え方が日本にはなく、それを社員に給与を払えない企業のために実施したのでネガティブにとらえがちになってしまったのだが、
ワークシェアリング自体は未来志向の働き方だと私は考えている
学校を卒業して会社に勤めて60歳で定年退職をして、退職してからずっとやりたかった農業をしたり、ペンションを経営したり、カフェをオープンするという過去の
「やりたいことは60歳まで我慢して、定年退職から好きなことをやる」
というパターンが変わってきている
生き方上手な人から、やりたいことを、セカンドジョブ、サードジョブとしてハイブリッドに生きるというライフスタイルを選びはじめたのだ

好きなことを2つ3つ掛け持ちして稼ぎ60歳以降も仕事をするというスタイルが登場する
実は多くの人が多様性を持っていて、セカンドビジネスとしてカフェ、工芸作家、アパレル、農家等、趣味を越えた生業をやりたいという欲求がある

「時間と空間を超える働き方」という隠れテーマがデジパにあるのだが、世の中の働き方が昔ながらの親分子分の関係から変わり始めている
かつては、社長がつくった組織ルールに社員が従い、組織の利益を最大化するということが当たり前だった
経済が右肩上がりの時代はそれが通用したのだが、今は成熟社会に突入し、かつての経営モデルが通用しなくなり、仕事のできる人から硬直した組織を飛び出す傾向が出始めたのだ
かつては社員が社長の作ったルールに集まる時代だったのだが、過去の経営論は通用しなくなり、いっしょに組織ルールを考え社員の未来像を共有しないと優秀な社員が飛び出してしまう
縛ろうとすればするするほど、その傾向は強くなる

優秀な親分一人の頭だけでは会社に利益を出すことが困難で今や親分が子分にお茶を入れてお茶会で子分のアイデアをお伺いする時代なのだ
まあ、半分は冗談ですが

私自身も2005年くらいまでだったら自分のビジネスアイデアだけで利益を出し会社を成長させる自信があった
でも、今はそれを永遠、続ける自信は正直ない
求めるのは、3人寄れば文殊の知恵の世界である


採用ビジネスをやっている友人が、今はtwitterでつぶやくだけで人が採れる時代なので、採用ビジネスもメディアを持って固定の広告費を貰うだけでは商売がなりたたない
時代が来るかもしれないと危惧する
実際にデジパから独立した、Growの一ツ木君などは、「求人広告など、出したことないですよ。twitterでつぶやくだけで採用できますよ。」という
ソーシャルメディアの出現により、採用費用をかけなくても働きやすい職場や自分らしく生きれる会社には、自然に人が集まるという二極分化がこれからもおきる

かつての日本企業の常識だった副業禁止が非常識になり、ハイブリッドに働くという生き方をする人が増える社会になり始めている


今夏のヒット作品は「短パン」

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年9月11日

私の今夏のヒット作品は「短パン」です
オフィスを、芝公園から恵比寿に引越したので通勤時間が3分から30分になりました
自転車通勤なので、夏の暑さに耐え切れずにズボンを短パンにリメイクしました

これが快適で、最近はいつも短パンです
社長が集まる場であろうが、金融機関の人との打ち合わせであろうが、この快適さは手離せられませんでした
でも、昨年まで「仕事で短パンは、あかんやろう」という観念を私が持っていたので職場で短パンをはいた事がありませんでした

ところが、来社される方に「デジパさんは、ビジネスカジュアルですか?」と何人かに質問されたのですが、「ビジネスカジュアル」の定義がわからないので「ビジネスカジュアルって何ですか?」
と逆質問しました
でも、それに対して明確な答えを誰もしてくれませんでした

私自身が、ネクタイを冠婚葬祭以外では10年以上着けた記憶がありません
スーツを着る日は、年間平均5日くらいです

デジパのドレスコードも自分が作ろうと言った訳でもなく、マネージャーの誰かが作ってもらわないと困ると言われたので渋々つくりました

服装に関しては、固定概念がないと思っていたのですが、意外と短パンにはあったのです
これは、自分でも不思議でした


今さら、こんな固定概念を持っていたということに対する驚きです


でも先日、ドレスコードに関しての答えを、ジョヤンテ社の20代の女性からもらいました

中小企業共和国(NPO法人ヒトコトネット)の社員会の懇親会で、その女性から教えてもらいました
彼女は、教育トレーナー職なのでビジネスカジュアルに関する相談を、数多く受けていたので私の疑問に答えてくれました

答えは、経営者の服装に対する、「観念」だそうです
その経営者が、新入社員時代に、半そでのシャツを着て出社して、「夏場でも長シャツを着ろ」と上司に怒られた人は半そでシャツがトラウマになり、「半そでのシャツは着てはいけないのだ」という観念が生まれ
「三つ子の魂百まで」と同じ影響を与える
要するに、その経営者が社会人デビューをどこでやったかが影響をする
金融機関デビューの経営者の会社は、基本的にドレスコードは硬いです

ちょっと目からウロコですが、答えのない時代は当然ですよね

話変わり、9月に入りデジパにほぼ新卒のスタッフが入社した

その彼女に入社一番で教えたのは「世間の常識を一度は疑え」である
8月に総務部門の採用活動をしたのだが、常識に縛られている人は、デジパでは合わない
ほぼ全員がスーパーフレックスで、ニュージーランド在住もOKで、飲み会が一番集まる会社なんて、新卒を就職させる親御さんは不安で不安で仕方がないと思う
だが、それをやって来たから流れの早いこの業界で今も生き残っているわけである

そんな訳で今年からデジパは、短パン解禁になりました

短パンという世間の常識に縛られていた自分がちょっと恥ずかしい

海士町は2050年日本の縮図

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年4月25日

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%282%29.JPG

隠岐諸島にある人口2400人、高齢化率39%の海士町に、5年半で230人の若者がIターンしているという話を聞き、その現地を見に行ってきた
羽田空港発6:50の飛行機に乗り米子空港着が8:05、そこから七類港へ移動し9:30発のフェリーに乗る
約3時間を船に揺られ海士町のある菱浦港につくのが12時半、約6時間の旅である
時間だけを考えたら海外に行くようなものである
海士町は、小泉政権時代の地方交付税大幅カットにより財政破綻の危機に陥る
そこで、地元経営者に請われて新町長に就任した山内町長が行政改革、産業改革、移住政策を次から次へと打ち出す
まず、2005年に町長が50%、職員が16から30%の大幅給与カットを実施し役場の意識改革、住民の意識改革をスタートさせる
役場に企業の経営論理を持ちこみ移住者に来てもらうために、土曜、日曜日も相談窓口を開くなどきめ細やかなサービスを実施する
私も3年前に、移住地探しに南は沖縄から北は長野県まで捜し歩いた経験があるのだがどこの役所も週末は閉まっており、無理をして平日に相談に行っても俗にいう役所仕事で踏み込んで相談にのってもらったことはない
農地を探そうものなら部署のたらい回しを幾度も経験し、その後メールでフォローされた記憶も皆無だった
だが、どこの田舎の自冶体も毎年度の事業計画には移住者誘致を掲げている

町を活性化させるために「よそ者と若者とバカ者」が必要だと山内町長は訴えIターン誘致に町長が力を注ぐ
よそ者は、地元の人間が気づかない外の目を持ってる
若者は、若さというエネルギーを持っている
バカ者は、強い思い、破天荒な発想、熱烈な実行力を持っている
その3種類の人間を島に呼ぶことで改革が実現するという考えを持ち施策をつぎつぎと打ち出す
まず、外の目を持っているよそ者を募集する海士町商品開発研修制度を立ち上げる
そして島民が当たり前に食べてきたサザエを使った「さざえカレー」を商品化し年間3000万円の収入に繋げる商品開発研修生が生まれたり、東大を卒業しUターン者と共に島の伝統的な塩作りを復活させ、海士町ブランドの塩として「海士乃塩」を立ち上げ都内の高級ホテルに出荷する事業を立ち上げる若者が出てくる
また特殊な冷凍技術を使い岩がきの養殖にも成功する
「島をまるごとブランド化」というスローガンで打ち出した産業改革は4年で効果を生み始め財政が好転する

今回はIターンでやってきた若者にできるだけ会って、どんな人物が島にやって来てなぜわざわざ海士町を選んだのかを聞いてまわった

まず、移住者で「巡りの環㈱」を起業された阿部さんと延岡さんの会社を訪ねた
事業内容は、メディア事業(海士WEBデパート)・教育事業(海士から学ぶ研修事業)・地域づくり事業(地域イベントの運営)
阿部さんはトヨタ自動車から延岡さんは東京のITベンチャーからの転身である
彼らになぜ海士町にきたのですかという質問をした
海士町には50年前にあった日本の自然と高齢化率39%という50年後の日本の未来図、その二面を併せ持つ環境がある
その日本の縮図のような環境下で、自分達の仕事の成果が島に貢献しているというのが目に見えるという喜びがある
離島なのでどこからどこまでが自分たちの影響下にあるのか手に取るように見えるので土地に対する愛情が持ちやすい
大手企業に勤めているといい面もあるが、自分の成果が目に見えにくいしどこまでが企業人の顔でどこまでが本当の自分なのかわからなくなる時があるが、海士町にいると限りなく本当の自分でいれる
そんな答えが返ってきた
また、ソニーから転身し教委職員を務める岩本さんにも同じ質問をした
岩本さんは、町の教育委員会が2006年から実施している中学校の出前授業の第1回目の講師として招かれたことがきっかけで海士町にIターンしてきた
仕事は県立隠岐島前高校の魅力化プロジェクトと島の中学校で出前授業いうと都会の大学生や起業家を講師として招き生徒が交流を深めるコーディネートを務める
島の中で人づくりすることにより持続可能な地域づくりができるという役割を担うことができると感じたことと、町職員も議員も一般島民も新しい考えに興味を持ちチャレンジしようという風土が移住を決めたポイントだと答えられた

今回会ったIターンの若者たちはいわゆる高学歴で有名企業からの転身者が多く、どこの企業でも採用したがるような人材である
あるいは、20年前なら彼らは東京でベンチャー企業を立ち上げていたかもしれない
そんな彼らの選んだ地が離島で限界集落寸前の海士町なのだが、ここに日本の人材の流れが大きく変わって来ているのを感じさせられた
彼らから海士町を通じて日本の新しい雛形を作りたいという共通の意志のようなものを私は感じた
若者のカッコいいという価値観が変化してきているのだ

そして何より、彼らを惹きつけたのは新しいものにチャレンジしようという島の風土だ
優秀な人材を採用するために社長役である町長がビジョンを語り戦略を作る
そして採用した人材に徹底した権限委譲をして好きなことをやらせる
ここで海士町の場合、マネージャー役である地元の青年団出身で改革志向であった役場課長の存在も見逃せない

私も、移住先を南房総に決めた一番のポイントは人であった

今回の海士町視察を通して、地方から日本が変わっていくのであろうという実感をもった

中小企業のノウハウのシェアリング

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年4月18日

ワイキューブの元社長である安田佳生さんを理事長にして「ヒトコトネット」というNPO法人の準備室を3月からいっしょに立ち上げている

コンセプトは、中小企業のノウハウのシェアリングである
中小企業の新しいネットワークを作るのだが現役の経営者が全員月に1回、自分の講座を持ち他の会社の社員に自分のノウハウを教えるというところからサービスをスタートさせる

今までは、多くの中小企業が大企業の傘の下で存在していた
かつては、それでもみんなが中流の生活を行うことが可能だったし成長し続けることができた
ところが今は、大企業が海外拠点に機能を移し日本の産業構造が変わってしまった
更にその大企業までが利益を出せなくなり前期の大手家電メーカー決算では軒並み大赤字で、ソニーにいたっては1万名の人員削減策を発表した

このままいけば10年後に多くの日本の中小企業が今のスタイルでは存続意義がなくなってしまう
存続する中小企業は新しいスタイルになっているのではないかと私たちは考えた
その新しいスタイルを模索して行動していこうというネットワークだ
大手自動車メーカーの下請けメーカーは、部品メーカー同士でコラボして太陽光だけで走る車を作るような発想をもってもいいのではないか
そんなところから「ヒトコトネット」準備室は始まった
法人名に関しては、参加者メンバーでもめにもめて「スイミー共和国」がいいのではという意見も出たのだが、ふざけすぎだということでこの法人名に決まった

今回のMTGでは、経営者向けに毎月18万部を発行している「プレジデント」のマーケティング担当役員を務めておられる藤原さんにも参加していただいたのだが、現役の経営者100人が講座を担当するようなコミュニティは聞いたことがないと言われた
5月20日スタートで30人の経営者30講座からスタートすることになる

月に2回ペースで10人の経営者が発起人となりこのプロジェクトを進めているのだが、コピーライター、デザイナー、システムエンジニア、営業のスペシャリスト、薬剤師、境目研究家等、多種多様の職種の人が集まり議論はいつも白熱するが業種、職種の違う経営者が集まってプロジェクトを進めるのは脳のストレッチになり刺激的である
業種、職種が違う人と議論すると、物事を見る視点や脳の使い方が違うのがわかる
これを繰り返すだけでも十分スキルアップし能力はあがる

通貨価値が違い賃金の安いアジア諸国に単純労働、格安商品の製造マーケットは移ってしまったので日本人の仕事にいかに付加価値をつけるかがこれからのポイントになるのだが、そこで必要になってくるのが社員の意識変化であり、社員の自立であると考えている
その鍵は「社員の解放」ではなかろうか
今までは、全員が同じ時間に同じ場所に集まり一律の就業規則の中で働いてきた
これからは、その垣根をすこし低くしてもいいのではなかろうか

社長同士の交流会や経営者勉強会は多々存在する
だが、経営者主導の社員交流会というのはあまり聞いたことがない
同じ業界に長くいるとその業界のことしかわからないし、その世界の人としか交流しないケースが多い
そうすると大半の人が同じ枠のなかでの思考に偏りがちになる

なぜ今まで、経営者が他の会社の社員に自分のノウハウを教えるというコミュニティが存在しなかったのだろうか?
他社に優秀な社員が引き抜かれると困る、自社のノウハウが漏洩すると困る
主な理由はそんなところだろう

なぜ、これだけ通信インフラが整ったのに全員が同じ時間に同じ場所に集まり一律の就業規則の中で働くのか?
社員を自由にするといサボって仕事をしないと考えている経営者が多いからではなかろうか

さて、「中小企業のノウハウのシェアリング」をテーマにしたこのネットワークは世の中に受け入れられるであろうか
楽しみな実験の始まりである

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ