本文へジャンプ

2012年1月の記事一覧

「脱原発世界会議」に関する所感

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年1月21日

1月14日から横浜にて行われた「脱原発世界会議」に行ってきました

会場となったパシフィコ横浜は、朝から警察はが戒厳令のような警備をひいて会場前は異常な雰囲気でした

1月16日に、参加人数が1万1500人との発表がありましたが、このカ​ンファレンスをまともに扱った新聞は東京新聞だけだったと言​ってもいいでしょう
警察が​戒厳令のような警備を敷き大半の大手メディアが取材に来ていましたが、東京新聞以外は記事にありませんでした
ドイツが一度の被爆も受けていないのに脱原発を国民投​票で決めれた影には市民メディアの影響がありますが、ドイツで市民メディアが発達した影に国が助成金を付けたという背景があります
そこは、日本と大きく異なる点です
日本は、テ​レビ、新聞、ラジオを所有している会社が同じなのが問題で、先進国では例を見ません
異なる媒体を特定の同じ会社が保有するとメディア監視に問題が出るからです

さて会場では、収容人数が千名のメイ​ン会場は常に満席で他のホールも人気のセッションは立ち見が出る​ほどの熱気で確実に体制が動いていくのを私は感じました
また、ヨーロッ​パから来日した原発専門家の知識、経験レベルが高く日本が変われるの​を参加者も感じているようすが議論からわかりました

エネルギーシフトに興味があるので、私が参加したかったのは環境エネルギー研究所所長である飯​田哲也氏のセッションでした
反原発を叫ぶのも大事ですが、エネルギーシフトに対して各論がないと世論が動かないと考えているからです

以下、飯​田哲也氏のセッションからです
・ドイツでは2000年に6%が自然エネルギーだった割合を2010年までに12%の目標を掲げたがフタをあければ17%を達成
・ドイツにおける自然エネルギーの経済効果は5兆円で37万人の雇用を生み出し、自然エネルギーは地域の人たちが所有するため毛細血管に血液が行き渡るように地域が豊かになる
・2000年、自然エネルギーの世界投資額は1兆円にも満たなかったが2010年は22兆円、ドイツが5兆円、中国が5兆円、アメリカ3兆円、日本はたったの3000億円
・菅首相は、2020年に日本の自然エネルギーは電力量の20%へ拡大すると表明したが、ドイツは39%、スペイン40%、スコットランドは100%を目標設定
・2010年の日本の化石燃料輸入金額は23兆円でGDPの約5%で、2000年の化石燃料輸入金額はGDPの約1%で化石燃料の世界的金額が値上がりしている。経済的に見ても化石燃料を使い続けることは有り得ない

私が今回の「脱原発世界会議」から学んだことですが、エネルギーシフトに関しては、小規模、​多様化(太陽光、小水力、バイオマス、地熱、風力等)、地産地消、ネットワー​クが鍵だと実感しました

自分の内側の声

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年1月 4日

新年あけましておめざとうございます
お正月休みを実家のある大阪で過ごし、本日より始動しました
地元の大阪では橋下市長がダブル選挙で圧勝し大阪市の解体をさっそく始め、橋下市長率いる維新の会は今年の総選挙でも大きな鍵を握りそうです
世界を見ても日本を見ても2012年は大きな体制が変わる一年になることは間違いなさそうです
年末年始に円高は進み、ユーロは一時98円台をつけユーロ圏がどこまで追い詰められるのか予断を許さない状況が続き、ホルムズ海峡を含む海域でイランがミサイル実験をすると発表した後に西側から攻撃を受ければホルムズ海峡を閉鎖するとイランは言っています
日本の原油の90%が流通しているホルムズ海峡が閉鎖されれば日本の受ける影響は計り知れず、まさに歴史の大きな断層を歩いているような時代です
激しい一年になりそうですが、あまり周りの情報に振り回されずに自分の内側の声「直感」を信じて、自分のやりたいことをことをやろうと私は年頭に決めています
2008年のリーマンショックの時に感じたのですが悲観論を書いたり放映したりする方が本が売れたり視聴率が上がったりするのでそちら側がフォーカスされ易く、ネガティブなエネルギーを受けやすくなります
しかし、世の中は対極なので物質的にリーマンショックの影響大きく受ける側と全く受けない側が存在します
でも、最近メディアの影響力が大きいことと世界が狭くなってしまったので、全く物質的に影響を受けない人までが影響を受けた気分になってしまいます
もっとも、3.11の震災以降は多くの人が大手メディアが必ずしも事実を伝えているわけではないということを知り始めました
円高になると日本の輸出産業の悲観論が多くなりますが海外の企業買収が容易になったり、海外不動産が買いやすくなったりメリットを享受できる対極側も必ず出てきます

成熟国家となった日本がいつまでも輸出産業での成長戦略を書く時代は終わり、2010年にオバマ大統領がアメリカの輸出倍増論をぶち上げているのにいくら日本が単独で為替介入を実行しても
円高は止まるはずも無く今の財務省のやっていることは資産を自ら捨てに行っているようなもので、今は中央が持つ資産や権限を地方分配していき新しい体制をつくる時代に入っているのでしょう
また、米ドルとユーロが基軸通貨としての体をなさなくなり世界から基軸通貨がなくなった今日、日本も地方通貨をつくったり、被災地が特別特区地域になったり体制の新しい変化がこれから起きていくのでしょう

さて、私は個人年表を付けていて自分のバイオリズムを計っているのですが私の場合は7年サイクルで7年の間にボトムとピークが起きます
個人年表に関してはいろいろな人が語っていますが、天外伺朗氏の著書「非常識経営の夜明け」に詳しく書かれています
そのリズムで読むと2012年は攻めのリズムなのです
直近の3年はおとなしくしていたのですが、昨年の11月にリズムが変わったのを自分でも感じました
そしたら、断食がやりたくなって贅肉を5キロ落としました
周りを見渡すと、円高、企業の採用意欲の低下、不動産価格の下落等、見方を変えると好環境です
デジパ起業時の2002年も、景気指数は最悪だったのですが当時の私の場合はそれが良い流れだったのです
全てのコストが安かったし、優秀な人材も採用できました
今年は、自分の内側の声「直感」を信じて攻めに転じていきます

本年も、皆様にとって良き年になりますように心よりお祈り申し上げます

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ