本文へジャンプ

2005年12月の記事一覧

2007年新卒採用セミナー始まる

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年12月21日

051221_seminar.jpg

2007年新卒採用セミナーの第1回目を開催しました。
今日のセミナーテーマは「起業家になるための5つのポイント」でしたが、参加者の目がいきいきとしていていい雰囲気で終わりました。

最近、ネット業界では「U30」という言葉が流行っています。
アンダー30、つまり30歳以下の経営者がWebサービスを作り出すという意味ですが
mixiをつくったイーマーキュリーの笠原さん
はてなの近藤さん
ロリポの家入さん等、
2005年は20代経営者が大活躍しました。

年齢で仕事をする時代が終わりを告げました。
今日のセミナー参加者からきっと20代の経営者が生まれてくることでしょう。
そんな人たちに、私の体験談が役に立てればと思います。

今年は、M&A真っ盛りの一年でしたが職種のスペシャリスト化、個人事業主と呼ばれる経営者が増え経営スタイルも変わってくるという予感を実感した一年でもありました。

80年代は、日本人総サラリーマン時代だったのですが、
ネット文化の出現によりワークスタイルはますます多様化していきます。
これは自由への一歩でもあります。

忘年会シーズン

カテゴリ:時流  コメント 1 件  トラックバック 4 件  2005年12月18日

忘年会シーズン真っ只中です。
先週の木曜日は、ベンチャー協議会のクリスマスパーティに行ってきました。
トレンドのベンチャー企業が最も集まるパーティだけあってテレビ局も取材に来ていました。
この日は、2005年のベンチャーオブザイヤーの発表がありグランプリが楽天の三木谷さんが受賞され準グランプリの1社でワイキューブの安田さんが受賞されました。
友人の安田さんが準グランプリを受賞したことは本当にうれしかったです。

水曜日は、サーチ業界の恒例忘年会で今年は34名が集まりました。
昨年が12名だったことを考えると業界が盛り上がっているという感じがします。
アウンコンサルティングさんの株式公開が業界の認知度を大きくあげたようです。
参加されたのは、
 ・NTTレゾナント上原さん
 ・GMOペイメントゲートウェイ村松さん 
 ・サーチテリア中橋社長 
 ・ゼウス地引社長
 ・GMOアフィリエイト板垣さん
 ・SEO Solution 住さん
 ・アイレップのご面々 
 ・アウンコンサルティング山本さん、坂口さん
 ・ブログエンジン株式会社 金子社長
 ・チアーズ平沢社長
 ・Jetrunテクノロジ 野武社長
 ・宣伝ジョーズ 藤原さん
等など、元気なベンチャー企業経営者が中心となり集まりました。

そこで、共通の話題となったのが「溢れるファンドマネー」でした。
弊社にも毎日のように連絡が来ますが、何のサービスも提供していない企業にもファンドマネーが流れています。
まるで、2000年のネットバブルの光景を見るかのようです。
2000年バブル崩壊で生き残ったネットベンチャーは、キャッシュフローの流れがあった会社です。
「Web2.0」が今年のトレンドですが、バブルは必ず弾けますから言葉遊びだけの会社はいつの時代も同じ運命をたどるのです。

ちょっとうれしかったこと

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年12月15日

今日、T君の新規クライアントのプレゼンに同行した時の話です。
T君がプレゼンを終えた後、先方の社長が「君の企画は、すばらしい」
と間髪をいれず賞賛の言葉をいただきました。

社内のプロジェクトチームが前夜を徹して作り上げたものなので自信作だったのですが

・その場で高い評価をクライアント経営者から頂いたこと
・社内のレベルが上がったことを感じれたこと

これは、年末のちょっとうれしかった出来事です。

どのビジネスでも同じだと思うのですが、70点の評価は少しがんばれば取れます。
でも、70点では人を感動させることはできません。
大リーガーでもプロゴルファーでも一流の人のプレイは感動を与えます。

ビジネスでは、本気で考えつくすこと、本気でブレーンを巻き込むこと、本気でクライアントと膝を詰めあわすこと。

本気のエネルギーが感動をつくりだします。

アクセス分析MTG

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2005年12月13日

最近、新規ユーザーを訪問するときに必ず話題になるのが「アクセス分析」である。
3年前はセミナーでアクセス解析を利用されている方という質問をすると全体の30%程度だったが、今は実感値として90%の企業が何らかのアクセス解析ソフトを利用している。
但し、このデーターから仮説を導きだしたサイトの更新をしている企業は本当に少ない。

・広告別コンバージョン率
・広告別顧客獲得単価
・検索キーワードランク
・検索キーワード別コンバージョンランク
・離脱ページランク
・ページ遷移

このへんを月に1度議論するMTGを社内で実施するだけで、ネット戦略の進み方はかなり変化してくる。

営業MTGを定期的に実施する会社は多いのですが
アクセス分析MTGを定期的に実施している企業は、ほとんどないようです。

酸素カプセル

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 1 件  2005年12月12日

先週、三井ビルマネージメントさんに事務所の環境チェックをしていただきました。

・粉塵度
・照明度
・二酸化炭素率
の3点を主に調査してもらったのですが

二酸化炭素率に関して数字が若干高めなので換気を頻繁に行った方がいいとアドバイスされました。
これは、窓の開閉で改善されますが
「酸素」は脳内活性化のキーワードなのです。
脳は、体の酸素の半分を使うといわれ酸素量が減ると脳内モルヒネという「クリエイティブ」「ワクワク感」を生み出すホルモンの分泌量が少なくなります。

最近、「酸素」に興味を持ちはじめ週末はコクーンというサロンの酸素カプセルに初めて入ってきました。
コクーンの高気圧・高濃度酸素カプセルは京大の研究チームが生み出し別名「ベッカムカプセル」とも呼ばれています。
2002年サッカーW杯直前に骨折したイングランド代表のベッカム選手が奇跡的な回復をとげた裏側には、高濃度酸素療法があったといわれています。人気選手であるベッカムが治療メニューに取り入れたことで一躍注目を浴びました。
最近は、ミュージシャンやクリエイターにも評判が高いです。

約60分のセッションなのですが、出てくると体全身が敏感になり、すごく体が軽くなったような感じがしました。

カプセルで1.2気圧の状態をつくり出し酸素吸収度を上げることにより小さな毛細血管までが活性化し自然治癒力が増すそうです。

こんな簡単に、いいコンディションがつくり出せるなら楽なものです。

しばらく、続けて変化を楽しんでみます。


このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ