本文へジャンプ

「風」カテゴリの記事一覧

私の次のステージ

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2012年5月16日

先週末に最後の田植えが終わり、ちょっと一息つけました
今年は、田んぼオーナーの数が増えたので2回に分けて田植えを行いました
3年前に初めて田植えをした時は、おっさん比率が高かったたのですが、今年は平均年齢がぐっと下がり30代前半くらいでしょうか、女性比率も上がり1週目はちょうど半数が女性でした
近年、農に対する若者の意識変化を肌で感じさせられます
話をしていて食の安全に対する危機感を持っている人が多くなっているみたいです
農に興味を持つ若者が増えることはいい流れです
あわ地球村では、「5回、田んぼに足を運んでくれれば米を自給できる」そんな場の提供をしています
今年の田植えは、5.5葉約35センチの稲苗を作って昔ながらの1本植えを目指したのですが残念ながら寒さからか3.5葉くらいにしかならず1本植えは来年までお預けです
来年は、ハウスを併用して苗つくりをしてみます
昔と違って田植えの時期が早くなっているので路地で5.5葉は難しそうです

さて、春先は私自身のモチベーションテンションが上がらず落ち込んでいました
会社は上手くいっている、時間もある、家族もいる、念願の田舎暮らしも実現した
20代に理想としていた暮らしを手に入れたはずなのに楽しくはない、日々ワクワクしない
そんな、予想外の大きな落とし穴に入り込んでしまいました
何で楽しくないのだろう
そんな感覚の中で悶々としていました

そんな時、先日私のメンターである岡部明美さんと食事をしていて一つの答えを出しました
次のステップに進む時が来たのだと
今、自分は何がやりたいのだろうか
答えは自分で知っていたのですが、決めるのに時間がかかってしまいました

教育系の仕事を新たに始めることにしました
デジパ、あわ地球村に続いて3つ目の仕事を始めます

もともと人の成長をサポートすることは好きで、デジパを始めたときも「雇われない生き方、独立人集団をつくる」をスローガンにして、設立10年で7名の起業家が誕生しました
フリーランスでウェブクリエイターとして独立した人を加えれば更に人数は増えます
デジパには経営塾というものがあり、入社後半年間は週に一度、早朝1時間半、私がつくったプログラムのグループワークを半年間受講します
プログラムは、自分が受けた研修、自分の読んだ著書、自らの気づきをベースに作りました
まずは、経営塾で使っていたデジパの研修プログラムから始めます
企業の研修系はやらずに個人にフォーカスをあてて、起業家、半農半X、フリーランス、ダブルワーキングを目指す若者を対象にしてみます

デジパの11期目の決算数字もほぼ固まってきたので役員の加藤君と12期はどう動くかを話し合ったのですが再び遊び心を持って自社サービスを作ろうという方向になりました
リーマンショックで赤字転落して以来、自社サービスを一度もリリースしていません
会社の体力も戻ってきたし余力もでてきたのでやることにしました
但し、以前のように私がリードしてサービスをつくることはやめます
できれば、デジパOBもまきこんで自分たちが欲しいもの、周りをハッピーにするサービスを作ります
週の初めは東京にいるので、デジパOBの皆さんぜひぜひ絡んできてください
今期を振り返れば、デジパでの自分の出番は3回でした
銀行交渉、未払い売掛金の回収交渉、創業時から自分が担当しているクライアントへの提案
年々、自分の出番が減っているということは自分の仕事が無くなっているということなので社長としては喜ぶべきことです
人が成長した結果なので
これも、自分が次のステージに行くきっかけとなりました

次のビジョンが見えたので今、ちょっとした幸せを感じながら南房総の海の見えるカフェでこのブログを書いています
読んでいただいて感謝です

時代のうねり

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2010年4月 7日

DSC_0181.JPG

先週末から今週にかけて、ワイキューブOBの高橋君、デジパOBの藤森君が「あわ地球村」に遊びに来た
2人とも起業準備に入っていて、その骨休みに遊びにきてくれたのだが2人とも私が採用しているので独立していってくれることは喜ばしいことだ

高橋君は、日本の伝統文化を海外に輸出して外貨を稼ぐビジネスモデルを模索して伝統工芸の本場である京都に居を移していった

藤森君は、HAPPY GAINという屋号でNPO法人を立ち上げ、商品の売り上げの一部が、自分の興味対象の支援先に寄付される仕組みを作る
有名な例で言えばVolvicの『1L for 10Lプログラム』(水を買うとアフリカに井戸ができるというもの)
アサヒビールの『アサヒスーパードライうまい!を明日へ!プロジェクト』(1本につき1円が全国各都道府県の自然や環境、文化財等の保護・保全活動に活用されるもの)

IMG_7519.jpg
また、南房総の友人である井田真一君は今週の日曜日に南房総市議会選挙に立候補をした
彼は、こちらに移住してまだ1年も経っておらず、地盤、看板、かばんなしのないないづくしの立候補で当選すれば最年少議員になる
南房総に移住者を増やそうをスローガンに、空き家バンクの創設、南房総の観光化、安心して食べれる食品つくり等を政策に掲げ立ち上がった

数字だけを見ると日本の将来は真っ暗闇だが、周りを見渡すと歴史が動いているのを感じる
高橋君は「斜陽産業といわれている日本の伝統芸の復活を目指し」、藤森君は「商品の機能を買う時代からユーザーに愛される商品を買う時代を創りだすために」一歩を踏み出した
時代の大きなうねりを感じる
DSC_0194.JPG

イノベーション合宿

カテゴリ:  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2007年4月29日

CIMG2245.JPG

今日は、日帰りで箱根へ
箱根は人生で3回しか行ったことがないのだが、今月は2度も箱根の峠を越えた

今回は、OBII主催の第2回イノベーション合宿に審査員として参戦
この合宿は、金融、ウェブサービス、新聞社、シンクタンクなどに勤めるビジネスマンが起業家を目指していたり、企業で新規事業を行うために週末を利用してWEBサービスを作っている団体だ
私の役割は起業家の先輩として、参加者18名に関してアドバイスをすることなのだが会場に入ると空気が熱い
熱気が肌に伝わってくる
男、男、男、、、、、
そして男 
何と18名全員が男

私は、最終日の10時に到着したのだがイノベーション合宿は前日より開催されており
ほとんどの人が不眠不休で事業モデルをつめている

当日は6つの事業モデルがプレゼンされた
(詳しい内容は、OBIIのサイトで紹介されている)

今日一日の感想として、週末起業家という新しい起業スタイルも出てきているがいつも同じメンバーでやっていると煮詰まってしまうケースが多い
そんな時、異業種の人のフィードバックを聞いたり、普段とは違ったメンバーでブレストすることは有効である
新サービスは、作る前のイメージと成功したモデルが違うケースは多々ある
むしろイメージ通りというケースの方が少ない
だから第3者のフィードバックを聞くことは大切である

私もデジパの社長業5年目だが、今日は大いなる刺激をもらって箱根を背にした

CIMG2244.JPG

パワースポット

カテゴリ:  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2007年1月28日

CIMG1421.JPG

C+Fがある伊豆高原へ打ち合わせのために行く
C+FはYEO(Young Entrepreneurs Organization---若手起業家の国際ネットワーク)公認トレーナーで著書に『トランスパーソナル心理療法入門』(日本評論社)、著訳に『エニアグラム~あなたを知る9つのタイプ』(角川書店)等がある

東京から伊豆高原駅まで電車で約2時間
伊豆高原駅から車で10分くらいのところにC+Fの事務所がある赤沢がある
カリフォルニア生まれのティムが日本で永住のために選んだ土地が伊豆だった
打ち合わせの後、ティム&高岡さんと赤沢周辺を散歩した

CIMG1424.JPG
CIMG1428.JPG


赤沢は約2000年前に、火山の噴火により流出した溶岩が城ケ崎海岸に流れ込んだところから「赤沢」という
地名がつけられたという
ティムいわく
「火と水が出会うところは磁場が高くこの海岸にいることはピップエレキバンを全身に貼っているようなものだ」
と冗談を言っていたが、確かにエネルギー場の高さを感じた
まさに、パワースポットだ
海岸沿いの森には樹齢1000年は超えるであろう、すももの木が生えていたり
りすの鳴き声が聞こえたり深い生態系が存在していた
海岸には、露天風呂もある
ここにいると、体の呼吸が自然と深くなっていくのを感じる
体は正直なので、大自然の中に入ると自然と緊張している場所を緩ませていく
ここはセラピストが選んだ最高のセラピースペースだった

CIMG1432.JPG

一人山篭り

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2006年9月16日

ryukouin_img_b.jpg

長野県上田で一仕事した後、別所温泉にやって来ました
別所温泉は、塩田平一望する歴史の古い町で別名「信州の鎌倉」と呼ばれていて平安初期には慈覚大師が安楽寺や北向観音などの寺社を建立
真田幸村の隠し湯としても有名で、小さな温泉街だが信州有数の古湯で私にとって一度は訪れてみたかった場所の一つです
どの露天風呂の湯口からも飲泉でき、ゆでタマゴの味がする
作家の池波正太郎さん等、著名作家もこの場所を愛したそうです
一人で思索する職業である作家達が逗留した場所はエネルギー磁場の高い所が多いみたいです

今日から3日間、ここで一人山篭りします
10月から始まる2Qの思索、1Qの課題解決をするのですが都会のホテルに篭るより私には自然の場のエネルギーの高いところが合っています
自然のエネルギーは肉体も神経系もリフレッシュさせてくれます

人と話すことも大事ですが、一人の空間を持つことも大事です


このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ