本文へジャンプ

「ベトナム」カテゴリの記事一覧

オフショア開発セミナーを開催いたします

カテゴリ:ベトナム  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2008年10月 2日

デジパベトナムでは次の日程でオフショア開発に興味・関心をお持ちの企業担当者様を対象にセミナーを開催いたします
オフショア開発の話は横に置いてベトナム法人を単身で立ち上げに行った藤田くんの数々のエピソードは今後、進出を考えている方には参考になると思います
どんな事業でも、立ち上げにはドラマがあります
当日は、私も参加します

2008年10月23日 (木)


https://ssl.digiper.com/vietnam/seminar/

ベトナムオフショア開発の可能性 ~アジアが牽引する21世紀のIT産業~

第1部 株式会社パルシス 営業部部長 石井裕
「タイ人・中国人、ときどき日本人」

言葉は重要、できることならしゃべりたい
プログラム言語は世界共通
要件定義と文化の違い
日本人技術者の常識は通じない

第2部 デジパベトナム株式会社 代表取締役社長 藤田伸一
「ベトナムIT最新レポート」

~現地にオフショア開発会社を立上げた代表が語る、ベトナム進出~

ベトナム進出のタイミングはいつがいい?
ベトナムオフショア開発の実際
開催日時
2008年10月23日(木) 18:30-20:30 (18:00開場)

会場
東京都港区芝公園2-4-1 ダヴィンチ芝パークB館地下1F AP浜松町 ルームG (会場地図)

参加費
無料
※参加特典として「オフショア開発ハンドブック」を贈呈致します

ngiベトナム

カテゴリ:ベトナム  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2008年9月16日

0915.jpg

ハノイに設立された、ngiベトナムを訪問
3人の幹部と打ち合わせをしたが関根社長以下3人の幹部の方が家族を連れられて7月から赴任している姿にngiベトナムの本気モードを見た
ベトナムに進出している事業会社を見渡してみても、投資のスピード、ファインディング、本気度と一歩リードしているのを感じる

デジパのベトナム法人代表の藤田くんも家族で赴任したが
ベトナム人は、そこに本気度を見るようだ
藤田くんもベトナム経営者と家族ぐるみで付き合っている

ngiベトナムは、インキュベーション型のファイナンスをテーマに日本の事業会社でもいち早くアジア展開を進められており、ベトナムでも、ランシステムを1号案件に積極的に動いている
年内にデジパが現地の企業とメディア事業に関して合弁会社を設立予定で、今回はその打ち合わせのためにハノイからホーチミンへの1週間の出張予定で投資家、広告代理店を訪問した
既に、ベトナムで展開されているメディアに対してデジパがインキュベーターとして育てていくというスキームである

いっしょにやっていく営業責任者に「広告掲載の支払い方法は銀行振り込み?」と聞くと、「バイクで毎月の集金が大半ですねー」と答えられ目が点になった
こちらは、カード決済どころか銀行振り込みの制度もまだ普及していないのでほとんどの売り掛けが集金なのである
集金なんて最近の日本では、ほとんど聞かれなくなった言葉だ
もっとも、振り返れば、私が小学生のころ父親が私を後ろに乗せてバイクで月末は集金に回っていた
お札をゴムバンドで止めている父親の姿を鮮明に覚えている
企業訪問を終え、ハノイの統一公園を夕方散歩したのだが、風船売り、上半身裸で散歩する人々を見るとまるで日本の70年代に戻ったようなノスタルジックな気分になった

ベトナムでのミッション

カテゴリ:ベトナム  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2008年7月 9日

CIMG3746.JPG

先日のホーチミン出張で、国際大学のコンピューター工学 学部長NGUYEN氏を訪問した
NGUYEN氏は、デジパベトナムのマネージャーHAIの恩師である
国際大学は設立5年目の大学であるがベトナムでは、2015年ITエンジニア53万人計画に向けて新設大学の設立が進んでいる
デジパベトナムへ出向中の万年君も自分の出身大学よりも優れた大学の設備に驚いていた
しかし、研究の共同開発はIBM、オラクル等のアメリカを代表するの企業の名前が出たが日本企業は皆無だった
年に一度、実施される就職説明会も日本企業の参加はなく、大学においても日系企業は大きく遅れてをとっている

だが「学生に日本に行きたいですか?」と聞くと、ほぼ100%近くの人が「行きたい」と答える
そして「将来起業したいですか?」と聞くと、多くの人が「イエス」と答える
彼らにとって日本は憧れの国であり学びの国である
実際、ベトナムのIT業界においても日本に留学し、帰国後に起業する人が多く彼らがベトナムのIT業界を牽引している
ランシステムのTAU氏、グリーンサンのVIET氏、等など
デジパベトナムは、次回の就職説明会参加を約束してNGUYEN氏と別れた

ベトナム事業は教育と社長の藤田君とも位置づけている
ベトナムでの起業家育成等、自分たちのミッションがだんだんはっきりと見えてきた

ベトナム人エンジニア採用サイトをオープン

カテゴリ:ベトナム  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2008年6月12日

CIMG3710.jpg

昨日、在日ベトナム人エンジニア採用サイトをオープンしました

今回のサイト制作のディレクターは、新人西山君
彼女は、5月のデジパ大型選手補強(4人の新人が入社)の一人で京都の大学教授からのジョイン
ちょっと変わったキャリアですが、今回の作品気に入っています
以下プレスリリースです


デジパは、2008年5月にベトナム現地法人「デジパベトナム」を立ち上げ、オフショア開発やベトナム人の人材育成に力を入れています。
さらに今後はベトナム人エンジニアを日本のIT企業などに派遣する人材事業を拡大していく予定です。
そこで、「デジパで働きたい」「日本のIT企業で高度なスキルを身につけたい」という思いを抱く在日ベトナム人エンジニアの方を、この採用サイトで広く募集します。デジパへの入社後は、ITスキルを身につけていただいたり、大手IT企業での就業も可能です。
デジパの仲間となって共に成長したいという情熱あふれるベトナム人エンジニアの方のご応募心よりお待ちしており
ます。

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ