本文へジャンプ

2008年9月の記事一覧

ナチュラル経営

カテゴリ:経営  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2008年9月29日

先日、カヤックの柳澤さんと久しぶりに麻布十番でご飯を食べた
カヤックと言えば、インターネット業界では有名な鎌倉の名物企業である
多くのインターネット企業が、2000年から渋谷、六本木に集まってきたのに対して、彼は鎌倉にこだわり東京在住の社員が鎌倉に通勤している

柳澤さんとは、管理しない経営、いつでもどこでも波乗りができる環境をつくる(私は、いつでも旅に出れる)というフリーダム経営を目指していて事業も似ているようで似ていないのだが妙に気が合う

デジパのメンバーもカヤックの採用試験を受けていた人が多く、採用上ではなにげにライバルでもある
カヤックは9月に関連会社のクーピーを統合させ一本化させた
デジパは、分社化を加速させたいと考えている

価値観は近いのだが、取る手法は違う

昨年は、飲食業「DONBURI CAFE DINING」を始め、今度は出版事業をやりたいといっていたが、彼の経営スタイルはナチュラルで無理がない
決して規模は大きくはないが自己資本で、楽しく仕事をしている

時価総額経営という言葉も最近は聞かなくなり、時価総額を叫んでいた人で上手くいっている経営者を私の周りで見たことがない


この1年間、社内も友人経営者も、東京から葉山、鎌倉、房総方面に自宅を引越する人が増え始めている
そこに、今の一つの流れを感じる

東京は企業の経営的にも、個人の生活的にもコスト高を人々が感じ始めている

リーマン・ブラザーズ、ワシントン・ミーチュアルの破たん等、歴史的な金融不安が続いており80年に一度の出来事とアナリスト達はコメントしているが、架空経済と実経済の調整がしばらく続く
金融業界で起きている架空経済と実経済の調整は、日本の一般社会においても調整期のような感じがしている

物が溢れ消費が伸びない最近、個人も企業も、よりリアルでシンプルな経済に、自然回帰に向かっているのを柳澤さんと会ってものすごく感じた

ngiベトナム

カテゴリ:ベトナム  コメント 1 件  トラックバック 0 件  2008年9月16日

0915.jpg

ハノイに設立された、ngiベトナムを訪問
3人の幹部と打ち合わせをしたが関根社長以下3人の幹部の方が家族を連れられて7月から赴任している姿にngiベトナムの本気モードを見た
ベトナムに進出している事業会社を見渡してみても、投資のスピード、ファインディング、本気度と一歩リードしているのを感じる

デジパのベトナム法人代表の藤田くんも家族で赴任したが
ベトナム人は、そこに本気度を見るようだ
藤田くんもベトナム経営者と家族ぐるみで付き合っている

ngiベトナムは、インキュベーション型のファイナンスをテーマに日本の事業会社でもいち早くアジア展開を進められており、ベトナムでも、ランシステムを1号案件に積極的に動いている
年内にデジパが現地の企業とメディア事業に関して合弁会社を設立予定で、今回はその打ち合わせのためにハノイからホーチミンへの1週間の出張予定で投資家、広告代理店を訪問した
既に、ベトナムで展開されているメディアに対してデジパがインキュベーターとして育てていくというスキームである

いっしょにやっていく営業責任者に「広告掲載の支払い方法は銀行振り込み?」と聞くと、「バイクで毎月の集金が大半ですねー」と答えられ目が点になった
こちらは、カード決済どころか銀行振り込みの制度もまだ普及していないのでほとんどの売り掛けが集金なのである
集金なんて最近の日本では、ほとんど聞かれなくなった言葉だ
もっとも、振り返れば、私が小学生のころ父親が私を後ろに乗せてバイクで月末は集金に回っていた
お札をゴムバンドで止めている父親の姿を鮮明に覚えている
企業訪問を終え、ハノイの統一公園を夕方散歩したのだが、風船売り、上半身裸で散歩する人々を見るとまるで日本の70年代に戻ったようなノスタルジックな気分になった

MT 100の法則本

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2008年9月15日

518VhBz5EbL__SL500_AA240_.jpg

クリエイティブ事業部の担当役員の加藤君が代表執筆者となり「Movable Type 4.x 本格的 CMS サイトを構築するための MT スーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。」がインプレスから9月12日に発売になりました
最近は、デジパのサイト制作案件の90%以上が「Movable Type」を導入しています

前著の「Web標準XHTML+CSSデザイン クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。」 は一時、紀伊国屋のコンピューター部門1位になりましたが今回はどこまで売れるか楽しみです

同じ仕事をやるなら、メジャーなビジネスマンになろうを合言葉に7期目に入りましたがデジパからHEROが生まれてくるのは喜ばしいことです

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ