本文へジャンプ

2017年3月の記事一覧

エジプト神殿巡りの旅

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2017年3月22日

エジプト神殿巡りの旅に行ってきました
エジプトは、ずっと憧れの地でした
小学校の社会科の授業で見た、エジプトのピラミッド、チリのモアイ像、ペルーのマチュピチュ等に、なぜか、ものすごく魅かれました
直観的に宇宙との繋がりを感じたのです

その頃から、見えない世界、超能力、宇宙人に興味を持ち始めました

今回、念願叶いエジプトへの旅が実現したわけですが、この旅の実現に大きく関与したのが、シャーマンの末裔であるサラハアミンのガイドでした
当時のファラオが、即位するために必要な儀式と同じコースを10日間かけて巡るというイニシエーションにも近い旅が実現したのです

IMG_0584.jpg

神殿巡りの1日目はルクソール神殿
印象的だったのは、キリストの「最後の晩餐」の絵が壁画に書かれていたこと
5千年以上前に、一枚岩を彫って建てた技術、とても人の力とは思えませんでした

IMG_0663.JPG

IMG_0639.JPG

神殿巡りの2日目は、デンデラ神殿
ここでは、かつて経験したことがない磁場のエネルギーを感じました
重力感が違うのです
宇宙神ハトホルのエネルギーは、別次元にいるような感覚です
フリーエネルギーが描写されたレリーフがあったり、エジプト文明の前に高度文明があった軌跡がのこされていました
個人的には、この神殿のエネルギーが一番好きでした

IMG_0711.JPG

IMG_0726.JPG

神殿巡りの3日目は、エドフ神殿
入った瞬間に、耳鳴りと軽い頭痛がしました
神殿ごとにエネルギーが全く違います
世界最古のフラワーオブライフも発見

IMG_0743.JPG

エジプト神殿巡り4日目は、イシス神殿
イシスは、蘇生と復活の魔術の女神
世界で初めてオシリスをミイラにして復活させました
イシス神殿は、入った瞬間からなぜか涙が止まりませんでした

IMG_0947.JPG

IMG_0941.JPG

エジプト神殿巡り5日目は、アブ・シンベル神殿
ラムセス二世は、自らの即位日の2/22を太陽祭として年に2回、この日は朝日が神殿の内部を照らすように設計しました
世界中から人が集まっていて、初詣みたいでした

IMG_0995.JPG

エジプト神殿巡り6日目は、ハトシェプスト女王葬祭殿
ルクソール西岸にありエジプトで最初の女王が造った神殿です
山を切り開いてつくられた祭殿は、太陽神ラーのエネルギーを受けていると言われています
日の出前に参拝したのですが、松果体の第六チャクラがものすごく活性化されました

IMG_1020.JPG

エジプト神殿巡り7日目は、カルナック神殿
建設に2000年以上を要した、世界最大の神殿
最高神アメンラーが祀られている
カルナック神殿の西門から、昨日訪れたハトシェプスト女王葬祭殿の参道まで一直線で太陽光が届くように作られている
創造神である、アメンラーのエネルギーはパワフルでした

IMG_1066.JPG

エジプト神殿巡り8日目は、クライマックスのクタ王のピラミッド
早朝より、ファラオの間に入り、約一時間の瞑想を行いました
そこでは、かつて経験したことのない大きなエネルギーを感じました
やはり、ピラミッドは、単なる墓ではなくエネルギーの増幅器として設計されたという確信を持ちました
瞑想中、何度もハトフル神のエネルギーを感じ、私の守護神かもしれないと思いました


エジプト神殿巡り9日目は、サッカラのセラビウム
ここは、サハラ砂漠の中にあり、地下に5Mを超す棺が30体以上が祀られている
他の神殿とは、違う、また、不思議なエネルギーでした

なぜ、5Mもの巨大な棺をつくる必要があったのか?
入口の形状を考えると、どのようにしてこの棺を入れたのか?
なぜ、この場所を撮影禁止しにしているのか?(クタ王のピラミッドの中も撮影禁止でした、それ以外の神殿は、ほぼ撮影OK)

サハラ砂漠の地下にあり
不思議なことだらけでした

日本に帰国後は、エネルギーをダウンロードし過ぎたのか、会社から帰った後は、ずっと寝ています
エネルギーが発酵している感じです
これから、どのように変化するのか楽しみです

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ