本文へジャンプ

2011年6月の記事一覧

新しい日本の創造

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2011年6月22日

震災から3ヶ月以上が過ぎ、東京の町を歩くと止まっていたエスカレーターが動き始め、消えていたビルのエントランス照明が付き始めたりしている
何か「喉元すぎれば暑さを忘れる」そんな空気を感じるのは私だけだろうか?

1990年代から約20年間、日本は国が進む方向性を見失ったままの状態である
1980年代に日本は、豊かな食と商品がが豊富で多種多様の選択が可能な世界一豊かな国になった
しかしその後、先進国でありながら3万人の自殺者を生み出すという現象を引き起こした
いくら物があっても、便利であっても、GDPが上がっても幸せにはなれない
幸福感を感じることはできないということが実証されたのである
そろそろ、この震災をきっかけにそれを共有する時期に来ているのではないだろうか
3年前までベトナムに子会社があったので私は毎月、ホーチミンに出張に出向いていた
ベトナム出張でいつも驚かされたのは、ベトナム人のエネルギーである
子供も若者もエネルギーがみなぎっていて、「生きている」ということを感じさせてくれる
日本に比べて物はなく、1台のバイクに家族が3人乗りしていたり、就職をして一番買いたいものが携帯電話であったりする
ベトナムから成田に帰ってきていつも感じるのは、日本人の「生きる」というエネルギーの希薄さであった
震災後、しばらく東京で電車による人身事故が起きなかった
それまで、多い日は1日に2度経験したことがある
おそらく今回の震災は人々の死生観に影響を与えたのであろう

今後、時間をかけて日本は復興するだろう
でも、元の生活に戻すことが本当にいいことなのだろうかという疑問が私にはある

安政の時代にも大津波を東北を襲ったが、その時に津波が来た場所に石碑を建て「これより下には住まない」と取り決めを行い、先祖代々それを申し送りした集落があるのだが
その集落は今回の災害を免れることができた
先日、石巻の相川避難所に行ったのだが、わずか20メートルの差で全壊した家と無傷の家とに分かれているのを目の辺りにした
無傷の家は高台に建っていた
日本は便利さと効率を追求して街づくりをしてきたが、被災地の都市計画に関しては海岸沿いの平地は農業、林業地域にして集落は津波が来た場所より高台に再生したらどうだろうか

1960年代の日本のエネルギー使用量は現在の3分の1だそうだ
私は1960年代の生まれだが、当時と今とを比べてみると必要な物は既にあった
今日、昼間に東京の山手線に乗ってこれほどの本数の電車を走らせる必要があるのかと疑問に思った
まず前提として、本当に全員が同じ時間にオフィスに毎日出社して仕事をする必要があるのだろうか
これだけインターネットインフラが整った昨今、自宅勤務を徹底的に推奨したらどうだろうか
そうすれば、産業エネルギー量も減らせるし通勤という人々の負担も減る
日本人の豊かさ指数は上がるのではなかろうか

今回の原子力政策に関しては「官」「民」「学」の癒着が浮き彫りになったが、必要なときに必要なことが起きるので今回の震災は大きな痛みを伴ったが、日本が新しい国に蘇生するチャンスである
再生エネルギーへの国策転換、各家庭で電気蓄電ができる電池の開発及び徹底した省エネ家電の開発、輸入に頼るのではなく食料に関しては自給文化の創造、
中央集権から地域の独立化及び地域通貨の普及等、今だからこそできることがある
震災が起きなくとも、日本は行き場を失っていたのだから
大病になった今こそ生き方を変えるチャンスである

少しくらい不便でも、持続可能で安心して生きられる社会、新しい日本の創造に向かっている

石巻市民の声

カテゴリ:  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2011年6月20日

photo_110620.jpg

photo02.jpg


週末を利用して3日間、石巻に行ってきました
現地では、石巻の専修大学の中に本部がおかれているボランティアセンターの中でキャンプ生活を送ったのですが支援に来ている外国人の多さに驚きました
また、長期で支援に来ている20代の若者も多く、次に来る新しい日本の構想を語る人もいて頼もしさを感じました

今回は、現地の方との打ち合わせが中心だったのですが何点か印象に残ったことを書きます
交流している行政の方からは、「平等の立場を取らざるを得ないので、すべての行動に遅れが生じる。本当は元気のある集落を立ち直らせたい。このままでは共倒れになる。」「被災後、半壊の建物も取り壊され全壊か否かの判断がつかず義援金が支給できない。」
石巻で地域通貨を立ち上げようとしているユッキさんからは、「3ヶ月たった今でも、周りで義援金を受け取った人は少数である。」「行政は、石巻の復興事業を大手ゼネコンに発注しようとしており結局、お金が地域循環しない。」「東北でしか使えない復興国債を発行し、地元にお金が回る仕組みを作りたい。」
専修大学のボランティアセンターのスタッフからは、「震災後3ヶ月が過ぎ、日に日にボランティアの数は減っている。6月20日から1000円高速がなくなるのでボランティアに来る人のハードルが更に上がる。ボランティア認定の人には高速料金を無料にしてほしい。」
専修大学のボランティアセンターは、環境もよく1日からのボランティアを受け付けています

現地の声を聞いていてライフラインに関する1次フェーズの支援は終わった感じをうけるのですが、現地での無力感をものすごく感じました
これからのテーマは間違いなく自立です

日曜日には、南房総で立ち上げた被災地支援団体「安房なのはな隊」と合流して北上町にある相川避難所に向かいました
三陸海岸沿いの相川避難所は町を結ぶ橋が崩壊し被災後、陸の孤島となった場所です
今でも道路の復旧中で通行止めの場所も多く、石巻河北インターから14キロの道のりを約1時間かけて車を走らせました
パンクで立ち往生する車も多くスピードが出せない道路状況なのです
相川は漁師町なのですが、船が流されてしまい漁業の復興までには最低1年はかかるとのことでした

相川避難所では、老若男女で日本文化の餅つき、ライブを行い南房総と相川との心の交流を交わしてきました

例え小さな鐘であっても、今後も鳴らし続けようと心を新たにして帰ってきました

第4回「安房なのはな隊」出動は7月17日を予定しており、石巻市黄金浜地域から餅つきとライブに来てほしいとのリクエストを頂いています
そこで、もち米を支援物資として募集しております
もち米以外の救援物資に関してはお問い合わせください、日々必要物資が変わってきているので現地に問い合わせを行いながら運びたいと考えております

問い合わせ先  NPO法人 あわ地球村 桐谷 kiritani25@gmail.com

photo03.jpg


このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。ココロザス(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • ココロザス
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ