本文へジャンプ

2007年12月の記事一覧

2008年はベトナムに進出します

カテゴリ:デジパ  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2007年12月18日

2008年の3月にベトナム法人の設立を決め、現地責任者の採用をスタートさせました
11月末にホーチミン、ハノイを視察してきたのですが現地でのパワーに圧倒され、今後の可能性を見据えてベトナム進出を決めました
今、日本はそこら中がクリスマスのネオンに包まれ本当に物質的な豊かさを感じさせられます
東京の都心では1部屋7万円からの高級外資系ホテルの開業ラッシュですが自分の心の中では「もう、これ以上何が必要なのだ」と叫んでいます
ベトナムでは、日本での賃金格差だけを追うのではなく現地での教育に力をいれ国に貢献できるよう根を張っていきます
創業時はシリコンバレーに拠点を出すことを目標としたのですが、今はアジアに自分の関心があります
2008年はアジアで社会貢献すべく、一歩を踏み出したいと思います

DONBURI CAFE

カテゴリ:時流  コメント 0 件  トラックバック 0 件  2007年12月11日

200712101918000.jpg

200712101925000.jpg

昨夜は、カヤックさんが12/12にOPENするDONBURI CAFEのレセプションパーティに招待され鎌倉に行ってきた
事務所が上にあり、1FがDONBURI CAFEという「やられたー」という感じのいけてる設計
当日、参加していた経営者も「やられたねー」と異口同音に叫んでいた
最近の傾向としてネット系の企業がリアリティのあることをやりたいとみんな思っている
バーチャルが進化するとマトリックスぽくなって実感が湧きづらくなるのでそんな反動かもしれない
デジパのSQ Lifeでも今度、「柿沼忍昭和尚×toniさん 『食禅(じきぜん)~器から禅を学ぶ~」を開催するのですが、やっぱり生のユーザーの声を聞くことは大事だし自分たちの仕事が役に立っているということを肌感覚で感じることは大切です
カヤックの柳澤さんが「開発系の会社だからって、まともな挨拶ができないのはおかしい」と言っていたのだが、リアルなコミュニケーションから遠ざかれば遠ざかるほど挨拶のできない人が増える
DONBURI CAFEは見事にそんな柳澤さんの思想を繁栄させている

このブログをフォローする(RSS)

桐谷晃司

1964年生まれ。スタートアップスクエア(株)、デジパ(株)代表取締役社長。世界30ヶ国を放浪した、自称スピリチュアルビジネスマン。

現在は南房総の千倉町で半農半Xな暮らしを目指しながら、循環型のエコビレッジ「あわ地球村」を創設中。

  • スタートアップスクエア
  • あわ地球村
  • digiper
カテゴリ一覧
年別一覧

このページの上部へ